ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『有罪』 に続く、罪シリーズその後の3冊。
これまでのあらすじ&感想はこちら





原罪 (2002.9) (ダリア文庫新装版 2004.8.13)
贖罪 (2003.11)
堕罪 (2004.10)
和泉 桂/フロンティアワークス/価格 : \900


■原罪
2作目。穂高が、自分のポリシーを曲げて原稿を書いてくれたおかげで、会社での透也の評価も上がりました。でも、透也は面白くないわけです。"恋人だから原稿をもらえた" と思われたくないばかりに、二人の関係がバレないようにと、そればかりに神経がいってしまいます。
透也の気持ちは、もちろんよくわかります。でも、ちょっと情がないなぁ、と感じました。

透也 「これまで自分が積み上げてきたものを たった一度の恋にかまけて 投げ出すことなどできはしない」

普通、大好きな相手だったら、「かまけて」 なんて言わないでしょう?
そんな透也の冷たさが、穂高には寂しかったんですね、気の毒です。穂高は不器用だから、なおさら。

この話から、当て馬として、天野という年下の作家が登場します。カッコよくて、優しくて、素敵!
そして、この天野に向ける、穂高の嫉妬がスゴイ! のですが、透也はそこんとこ、気づかないんですよねぇ。

でも、♪苦しくったって?、悲しくったって?、穂高先生は、引き続き鬼畜三昧です。


■■贖罪
3作目。ついに、透也と穂高がつきあっているのでは、という噂が流れはじめます。そこで穂高は、透也のためを思って、担当を変えるように要請してきます。でも、その思いやりが、透也に伝わるはずもなく… 嗚呼、もう泥沼です。
さらに、透也が当て馬・天野とお試しで付き合ったりと、あれこれ面倒なこともあって、読むのが辛かったです。
もう透也、なに考えてるの! という感じで、前作に引き続き、穂高がかわいそうでたまりません。

穂高 「俺のことを 心のない男だとでも思っているのか。 俺が何をされても平気だと 思っているのか」

こんなセリフを穂高に言わせるなんて。
確かに、あの言動からだったら 「心のない男」 と思われてもしかたないような気もするけど。


■■■堕罪
ラブラブ vv の完結編。
しょっぱなから、大きなバラの花束を持って、透也の部屋を訪れる穂高。カッコいいんだか、カッコ悪いんだか。
そのほかにも、今までにない穂高が見れて、面白いです。こんなふうに優しいところがあるなら、こんなふうに笑えるなら、なぜもっと早くそうしてくれなかったんでしょうね…
この話は、ところどころに穂高視点で語られるところもあるので、このシリーズを読むなら、やはりこの4冊目まで読んでほしいです。

ふたりで旅もします。穂高のリクエストで、浴衣の下に下着をはかないで散歩させられる透也は、もはや滑稽でしかありません。おまけに、そんな姿なのに、転んでひっくり返りそうになったりもします(笑)
それでも、ムードは最高潮で、野外でやりたい放題、やられたい放題のふたりなのでした。

(★★★+0.5)

『原罪』 『贖罪』 までは、文庫の復刊が決まっています。
ひょっとしたら、書き下ろしが入るのかしら。だけど、このシリーズはもうお腹いっぱいです、私はこれで大満足。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

読んでしまったけど。。。
こんばんは。本、読んでしまってやっとこさ、感想書きました。でも、リリカさんのようにしっかりとした感想じゃなく、とっても恥ずかしいと思いましたf(´-`;)だって「エロ」を連呼してるんだもん、私。エロに圧巻されて終始した本だった・・・
ごまくり | URL | 2005/07/09/Sat 23:04[EDIT]
そのとおりだと思う>ごまくりさん
こんにちは。
うん、やっぱり最初から最後まで、やっぱり「エロ」ですよ、これ。
3冊続けては、しんどかったのでは…

でも、もう書き下ろしも何もいらないって、思いませんでしたか?
なんかもう胸が詰まるくらいに、エロすぎでしたよね。
リリカ | URL | 2005/07/10/Sun 09:31[EDIT]
こんにちは木蓮です。『有罪』ではコメント&TBありがとうございました。
私はダリア文庫で読んでいるので、しばらく3,4作目は読めそうにないのですが、相変わらず透也はおとぼけな事をやっているのですね。

>しょっぱなから、大きなバラの花束を持って、透也の部屋を訪れる穂高。カッコいいんだか、カッコ悪いんだか。
>穂高のリクエストで、浴衣の下に下着をはかないで散歩させられる透也は、もはや滑稽でしかありません。
結局最後まで笑っていいんだか悪いんだか…という様な、微妙なおもしろさで楽しませてくれるのですね。ある意味でとても楽しみだったりします。
木蓮 | URL | 2005/10/12/Wed 11:08[EDIT]
>木蓮さん
こんにちは。

4作目も文庫になるんでしょうか、心配。
というのは、4作目を読まないと、ふたりとも救われないような気がするんです。
あんまり評判がよくない(とってつけたような続編とか言われる)4作目ですが、私はいちばん好きなのです。

続きを読んだら、感想お聞かせくださいね。
リリカ | URL | 2005/10/13/Thu 10:50[EDIT]
こんばんわ。
4作目は「番外編」で、出たばかりなので、文庫化はまだしない、と「贖罪」のあとがきにあったので、番外編なら、読まなくてもいいかな~と、チョロりと思ってたんですが、やっぱり読まなきゃ!ですね。
あすた | URL | 2005/11/20/Sun 20:21[EDIT]
>あすたさん
お返事遅くなってごめんなさい!!

4作目って「番外編」だったんですね。
あすたさんもこのままだとスッキリしないでしょ?(決めつけ)
ぜひぜひ、可愛さ200%増しの穂高を堪能してくださいね~

私もこんなところでアレですけど、召しろまやってくれてありがとうございます!
もしプレイするなら、早いとこ攻略を見てくださいね。
でないと、友だちEDになっちゃいます(>_<。)
リリカ | URL | 2005/11/22/Tue 16:20[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。