ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかやたらドキドキしちゃったんですけど…


てっぺんのひまわり 1







富士山 ひょうた
フロンティアワークス (2005.5)
ISBN : 4861340764
価格 : \590




『わりとよくある男子校的恋愛事情』(?2)と同じ、錦成学園が舞台のストーリーです。
あらすじを説明するのは簡単ですが、前作から引き続き登場するキャラについての予備知識はもちろん、学園の雰囲気を知る意味でも、『わりと?』を読んでおいたほうがゼッタイに楽しめると思います。

で。
何がそんなにドキドキしたかといいますと、生徒会室でございます。
会長と、会長補佐と、副会長… 誰がどうの、というのではなく、3人全体の醸し出す淫靡な雰囲気に、私はもうがんじがらめ、骨抜きにされました。
新入生の竜平と国久を会長補佐に欲しい、と画策している様子なんて、獲物を前に舌なめずりしている蛇さながらで…。
この本を買って、まだ3日ほどですが、生徒会絡みのページばかり繰り返し眺めている私です。

でも、会長と補佐がデキていて、副会長の能勢が会長に片想い、というのは、少しせつないですね。
おまけに、会長がそれを知っているのだから、たちが悪いのです。私がしびれた "淫靡" ─ 「節度がなく、みだらでくずれた感じのする(大辞林)」 ─ な感じは、こういうところから発生してるのに違いありません。

おそらくこの話では、竜平と国久がカップルになると思われますが、能勢は幸せになれないのでしょうか。
会長への片想いが国久にバレてしまったときの能勢が、とってもかわいかったので、とりあえず私は、このふたりを勝手に応援することにしました。

そして、こっちがメインカップルだと思っている人も多い、古谷と相川。
実は私、どっちかというと、ワルな大河内のほうが好きだったのです。でも、あんな男だから、さすがに今回は出してもらえないだろう… と思ったら、意外や意外、真人間になって登場してましたねぇ。
炎天下、プールに駆り出される大河内なんて、誰が予想できたでしょう。

まぁ、そんな脇キャラはおいといて、と。
とにかく、相川があんまりかわいくて、どうかなりそうでした。竜平に告白されて、
「俺… すごく無神経だったな…」 「ごめん、竜平君」
ってところなんて、本を開いたままかたまってしまいました。
『わりと?』のときは、言葉少なで、中身まではつかめていなかったので、古谷と大河内との仲を誤解したり、下級生にやきもち妬いたりする相川の表情に、いちいち、ほぉー、へぇーと感動することしきり。

古谷も同じです。ただのボーっとした男だと思ってたのに、ずいぶん男前になって…。特に、ラストの学食のシーンはよかったですねぇ、あの古谷の口から淀みなくあんな優しい言葉が出てくるなんて。
これからも、こんなふうにイチャライチャラしててほしいです。
(★★★★☆)

いくらサブキャラ好きの私でも、『わりと』でいちばん好きだったキャラが大河内だった、なんてことはありません。
保健の浅野先生と大和くんの話が好きでした。その後のふたりを、ぜひお願いしたいです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんばんわ。
能勢、かなり私の中で来てます。(何が?)
能勢受が希望なんですが、リリカさんはどうですか?(どうですかって言われても)
あすた | URL | 2005/06/21/Tue 23:10[EDIT]
もちろん>あすたさん
あ、やっぱり来てますか、能勢。
竜平なんて、もうどうでもよかったりします。
能勢、というか、生徒会メインでお願いしますというのが本心です。

能勢はやはり受けてほしいです。
でもお相手は?
リリカ | URL | 2005/06/22/Wed 02:06[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。