ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定を見ただけで、あ v これだ! と思った本。


Steal your love
妃川 蛍
リーフ出版 (2004.12)
ISBN : 4434050451
価格 : \893




【こんな話】
人気俳優 如月柊士(しゅうじ)は、ホストクラブLIEGEで、高校時代の同級生 不動師眞(かずま)と再会した。優等生で生徒会長まで務めていた師眞がいま、ナンバーワンホストのカズマとして、柊士の前に現れたのだった。忘れたつもりでいた男を目の前にして、柊二は苛つきを抑えきれない。しかし、酔いつぶれて目が覚めてみると、なんと師眞の腕の中にいて…。

【ひとこと】
真面目だけが取り柄の生徒会長と、チャラチャラとモデルのバイトなどしていた男が、ずっとお互いを忘れられないでいたんですって。だから、話の雰囲気がどんなに色っぽくて艶っぽくても、このお話は "男の純愛" なのです。
あるいは、人知れず壁にぶち当たっていた柊士が、師眞という理解者を得たことで、精神的にどんどん強くなっていく、サクセスストーリーともいえるかもしれません。

柊士がどんなに強がっても、師眞のほうが一枚も二枚も上手でしたね。あとから聞いてみれば、再会した晩、酔っぱらった柊二が思いの丈をぶちまけてしまっていたのだから、しかたないんだけど。
それにしても、師眞の接し方は男っぽくて素敵です?。優しく慰めてあげるのはHのときだけで(笑)辛辣なこと言ったり、ときにはわざと冷たくしてみたり。でも、ちゃ?んと柊士がついてくるのが、健気というかなんというか。

羽柴事件(反転→大物俳優 羽柴が、口添えをしてやるからと、カラダを要求してくる事件)のあたりからは、なんだかもう私、ふたりにメロメロでした?。ああ、せっかく反転したけどもう書いちゃうわ。
師眞は、柊士の出たドラマや仕事をちゃんと見ていて、今までずっと心の中で応援し続けていたんです。すっかり自信を失っていた柊士にとって、こんな嬉しいことはなかったはずです。高校時代は、お互い "どうせ自分なんか相手にしてもらえない" と、近づくこともしなかったふたりが、すべてを吐き出すシーンがよすぎです。師眞はあくまでも男っぽく、そして、柊士はなんだか可愛らしく。
このふたり、Hのときも、想い出話したりなんだかんだで喋りっぱなしなんですが、それがまたいい感じ。ふたりとも、仕事を離れて "素" で。

おまけのショートストーリーは、バカップル話です
(★★★★+0.5)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。