ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこを見ても評判がよかったので、安心して読みました。
で、やっぱり楽しかった、ほのぼのしました。


ゆっくり走ろう
榎田 尤利
徳間書店 (2004.8)
ISBN : 4199003169
価格 : \560



【こんな話】
里見廣之(さとみひろゆき)は自動車メーカーのエリート社員。
営業指導のために、小さな営業所へ赴任することになった。が、バカ真面目な里見は、人付き合いの加減を知らず、衝突するわ無視されるわで、周囲から浮いてしまう。そんな里見に、あたたかく親身に接してくれる男がいた。
それが、営業成績断トツトップのカンちゃん こと 立浪寛一(たつなみかんいち)だった。

【ひとこと】
八百屋さんを手伝うカンちゃんのイラストが好きです。
表紙もいいけど、p.11のカンちゃんがとても。

さて、里見は本当に真面目で、バカていねいな様子には笑わせてもらいました。
そんな里見が、ほとんど抵抗なくカンちゃんを受け入れたのにもびっくりしました。でも、抵抗なんかしてる暇がないほど、厳しい状況に追い込まれていたんだものね。辛い思いをしてる里見を、やさしく(厳しく)ささえるカンちゃんがまた、すごく素敵なんですよ。
書き下ろしの「これは大人の恋だから」は、BLにはある意味お決まりの"意地を張ってすれ違う"パターンです。苦手なんだ、私こういうの。
カンちゃんを信じて頑張って読んだけど、落ち込むふたり(特にカンちゃん)が痛々しくて、もうどうかなりそうでした(笑)
羽賀という、本当にここまで当て馬らしい当て馬は珍しいという感じの男が出てきますが、わりといい男だと思いますよ。里見は、羽賀と付き合ってもうまくいったんじゃないかな(^^)うん。
(★★★★☆)

あ、ひとつだけ。
オビに「車という名の密室で 大人の恋は暴走する」ってあるんだけど、暴走なんて!
なんともジェントルな素敵な恋のお話です。


旧ブログのトラックバック2件
月と凌霄花
B-Life.SS
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

時期外れですが…
リリカさん、こんばんは!
非常にご無沙汰していました!
お元気ですか?

今回、かなり時期外れな本を読みまして、TBさせて頂きました☆

この商店街シリーズを制覇しようと思って、なのにせこくも古本で買おうと思っていたので、かなり遅くなりましたw

やはり噂どおりにほのぼのなお話でしたね~!

>なんともジェントルな素敵な恋のお話です。

確かに暴走してませんでしたよね~(^^ゞ
若干、キャラ文庫の帯はおありすぎではないかと思ったりします(苦笑)

では☆
さくら@腐女子の~オタク感想文 | URL | 2006/09/13/Wed 02:05[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。