ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29歳×17歳。 社会人と学生のカップルは、かなり好きです。加えて、幼なじみの話も好き。
それにしても、ストーカーって怖いんですね…

いつでも瞳の中にいる
崎谷 はるひ
幻冬舎コミックス (2005.5)
ISBN : 4344805712
価格 : \650




【こんな話】
高校2年の里中佳弥(よしや)にとって窪塚元就は、幼い頃から一番大好きな人だ。しかし刑事を辞め私立探偵になった元就に佳弥は素直になれない。
ある日、佳弥はストーカーに狙われていることを知る。元就が傍にいるのは仕事だから ─ そう思った佳弥は元就を拒絶。元就への想いに苦しむ佳弥にストーカーが迫り!?

【ひとこと】
あらすじを見ても表紙の雰囲気からも、佳弥は、可愛くてみんなから大事にされている男の子だとばかり思っていました。でも、読み始めたら、意外にも学校での彼は、誰に守られているでもなく、友だちとも対等で、しっかり自立していたので少し驚きました。
ただ、家に帰って、おかあさんや元就と話す彼は、とっても子どもっぽいんです。この落差がまた、幼い子のそれと似てるなぁと思いました。

さて、そんな佳弥がストーカーに狙われるわけですが、ここでちょっと疑問に思ったことが。
佳弥の母が、こっそり元就に相談してるでしょ。本人には内緒で。でも、佳弥だってもう高校2年生です。盗聴だとか、洗濯物を盗まれたぐらいのことなら、ちゃんと事実として受け止められると思うんです。なのに、ふたりでコソコソと…。
父親が不在で不安ということを差し引いても、少し過保護じゃないのかな。

でも、これに関しては、元就も同罪です。
佳弥が小さい頃からず?っと見守ってきたからでしょうか、なんだか子離れできない親みたい。
俺ってベタベタしすぎなのかな、とドライに接してみたら、今度は「冷たくなった」と誤解される… きっとそんなことの繰り返しだったのかもしれません。その加減がわからなくて、悩む29歳、私はわりと好きです。

しかし、ストーカーの描写は怖かったです。
登下校の跡をつけたり、ドアになにか貼り付けたり、盗聴するくらいは、もちろん知っていました。盗んだ衣服で 「そういうこと」 をするのも。だけど、「それ」 を一緒にビニール詰めするまでは、思いもしませんでした。
俺はあんたをこれだけ好きなんだ、という自己主張なんでしょうけど、あまりにも気持ち悪い。
でね、この本、すごく長いんです。382ページもあります。
でも、ストーカーがいいアクセントになって、だらだらした感じやじれったさはないです。かえって、ふたりの甘さが倍増していい感じです。

それにしても佳弥。恐ろしい体験だったのはわかるけど、ちょっと幼児化しすぎ?
まぁ、そんなところも、12歳年上の男にとっては可愛いくてたまらないようです。すっごく可愛がってます。
ベッドのシーンが長いのはいいとして、やっぱりここでも、佳弥が赤ちゃんみたいです(笑)
特に笑っちゃったのが、元就の
「ごろんとしてなさい」 と 「やじゃない やじゃない」 ってセリフ。
まさしく、親以外のなにものでもないです。
そして、こういうのも結構好きな私。

「いつでもあなたの傍にいる」 は、事件解決数ヶ月後のお話。
元就の、父親に対する想いとか、佳弥と出会った頃に感じたことが、短いながらも読めてよかったです。

ところで、佳弥のおかあさんって、やっぱり不気味です。
元就の部屋の前まで行って、ドアに耳くっつけて中の様子をうかがっていそうなんだもの。
単に親として心配しているのか、私の息子を取らないでという心境なのか、ひょっとして元就によからぬ感情を抱いているのか、よくわからないんですけど、薄気味悪かったです。
(★★★☆☆)

ルチル文庫の創刊5冊は、なんとなく全部買ってしまいました。感想もこれでおしまい。個人的に、どれも楽しめたと思っています。
全サの小冊子も楽しみです。崎谷先生は、何を書いてくださるんでしょうか。甘々なのもいいけど、島田も交えたほのぼのストーリーでもいいな。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんにちは! TBありがとうございました~。

佳弥の母親って、確かに何を考えているのかよくわからないですよね…。
元就にクギさしてるつもりなのか、大手振って応援してる感じではないですが、大反対!って感じでもないですし。作中でもっとも”強い”人間なんじゃないでしょうか(笑)
秋月 | URL | 2005/06/11/Sat 16:02[EDIT]
ビミョウ?
こんばんは。お久しぶり@ハッカです。
トラックバックありがとうございました~。
例の母親の件、確かにビミョウかな・・・とは私も思いました。
他人のコトだと「まぁそれだけ愛情が強いってコトで」とか思ってしまいますが、でも自分がされたらきっとすごくイヤです(笑)
基本的に干渉を好まないタチなんです、私って。
きっと、お母さんもフクザツな心境なんでしょうね。
HACCA | URL | 2005/06/12/Sun 02:26[EDIT]
>秋月さん
秋月さん、こんにちは。
TBありがとうございました。

確かに、クギは刺してますよね。
男女交際だったら、普通に反対できるんでしょうけど、男同士だからどうしたらいいのかわからないのかもしれませんね。

自分が母親だったら、知らないふりしてしまいそうです…
ではまた♪
リリカ | URL | 2005/06/12/Sun 10:11[EDIT]
>ハッカさん
ハッカさん、こんにちは。

やっぱりフクザツですよね。
ふたりがどういう関係なのか、知りたいけれど知らないほうがいいのもわかってて… そんな心境かな。

私も干渉はキライです。自分の子どもも野放しです(笑)
では♪
リリカ | URL | 2005/06/12/Sun 10:17[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。