ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クリスマスを連想する一冊」がテーマです。
もしかしたら、主旨から少しズレてるかもしれません、ごめんなさい。でもこの季節になると、街中で大きなクリスマスツリーを見かけるたびに、どうしても思い出しちゃうんです、この話を。


Double call 2

緋色れーいち
海王社 (2004.10)
ISBN : 4877243739
価格 : \610




2巻の後ろのほうに収録されている 「聖しこの夜に…」という話がそれです。どんな話かというと…

(ご存知ない方、登場人物は全部、プロ野球選手です)
堀田と秋吉が、まだキス止まり、しかもクリスマスはパチンコ屋でデート、という話を聞いた千堂は、「それは愛されてませんね」とバッサリ。ショックを受ける堀田に、「ホテルで食事した後、部屋に誘え」と悪知恵を授け、ご親切に部屋のホテルまで手配してくれます。

しかし! そんな作戦とは知らない秋吉は、堀田を馴染みの居酒屋へ連れて行こうとします。焦った堀田は、「このままじゃ不安なんです!」と部屋をとってあることを告白。
結局、秋吉は堀田のことを、ちゃんと考えてくれてて、"二人にしては"ラブラブな夜を過ごします。秋吉は、本当は街頭の大きなツリーを、買ってあげたかったみたいです。でも、それはあんまりなので、大きなクマのぬいぐるみをプレゼントしたのでした。

と、こんな話。ホテルに部屋をとってある、と聞かされたときの秋吉さんが可愛い。クリスマスということすら忘れてたのに、いきなり「今夜は一緒にいて」なんて言われて驚くのはわかるけど、そんな顔しなくても(笑)。
この話は平行して、千堂と塔馬のクリスマスの話でもあるんですが、いつもどおり濃厚なこのふたりよりも、堀田と秋吉の爽やかな(ウブな?)雰囲気が、クリスマスのキラキラしたイメージと重なっていいんです。

それにしても、堀田と秋吉さんはどうなるんでしょう。
なんだか、このふたりのこと、誰も応援してないような気がするのは私だけですか。別に、イチャイチャしなくてもいいんです。人生の良きパートナー(なんか古い表現)として、いつまでも二人で歩いていってくれれば。

今回の復刊で、まんまと作戦に乗せられて、ぺろりと「DOUBLE CALL」買い直しちゃった私。緋色先生、早く堀田を幸せにしてくれないと、また古本屋に売ってしまいそうです(酷い)。

この企画は、もう一度リベンジするかも。

BL×B.L.TB企画参加

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。