ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノベルズの復刊。
この「有罪」のあと、「原罪」(8月復刊予定)・ 「贖罪」(11月復刊予定)・ 「堕罪」(?) とぜんぶで4作品あります。
友人から借りて、うしろ3冊は読んでいたので、今回お話の発端が読めてひと安心です。


有罪
和泉 桂
フロンティアワークス (2005.5)
ISBN : 4861340756
価格 : \580




【こんな話】
蒼山書房に勤務する桜井透也(とうや)は、心から敬愛するミステリー作家・穂高櫂の担当を命じられる。会社の業績不振から、予定よりも早く次作を、と頼む透也に、穂高は原稿と引き替えに肉体関係を要求してくる。

【ひとこと】
このシリーズを読むたびに考えたのは、誰がどんな罪を犯したのか、ということです。

透也には、婚約者がいて、穂高と肉体関係を持つようになっても、しばらくはまだ、彼女と結婚するつもりでいたんです。でも、次第に穂高の存在が大きくなり、最終的には、穂高から愛されているという確信もないのに、自分から婚約を解消してしまいます。

肉体関係を強要するというのは、いってみれば犯罪です。でも、透也は上司にすら相談しなかったんです。理由として、

・穂高の編集担当として、彼に見捨てられたくなかった
・穂高のファンとして、彼に見捨てられたくなかった
・快楽に溺れた

が考えられるんですが、私は結局は "快楽に溺れた" んじゃないかと。今日こそは拒否しようと思っていても、ひとたび気持ちよくなってしまったら判断力がともなわなくなっちゃったんだと思うんです。
そこへ、穂高の作品を愛する気持ちとか、本物の穂高をもっと知りたいと思う気持ちがプラスされて、だんだん愛に変わっていったんですよね。

これって、有罪? 違うような気がするんだけどなぁ。
透也は、"情欲に溺れたことが罪ではなく、愛の罠(文中では「陥穽」)にはまったことが罪" と言ってます。うーん、わからない、難しいです。

さて、そんなことよりも穂高です。
性格が破綻している、と噂されている彼ですが、破綻どころか…。
「好き」という感情を表現できないのなら、いっそ黙っていてください。その鬼畜な行動だけはやめてほしかったです。自分のやり口を棚に上げて、透也のことを「娼婦以下」とまでののしるんです、もうホントたちの悪い。この人こそ、"有罪"ですよ。

でも、たいして経験もないくせに、躰を賭けてビリヤードをする透也もなんだかね… 
穂高の、
「君はわざわざ、負けに来ているのか?」
には笑いました。そのとおりだもん。

そして、ラスト。
体当たりで飛び込んできた透夜に、さすがの穂高も少し人間らしい気持ちに。最後まで、
「たぶんそれが、好きということなんだろう」
なんて、寝ぼけたこと言ってますが、このとんちんかん加減は今後もたいして変化ないので、気にしてもしかたないのでした。

話の内容からもわかるように、エロ度高めです。何がやらしいって、透也のセリフが。
これじゃ、淫乱といわれてもしかたないです。
(★★★☆☆)

シリアスとコメディの合間を漂う、そんな雰囲気の作品です(ぜったいにコメディではないのですが・笑)

ノベルズの表紙が、みんな同じ雰囲気で、タイトルもこんなだから、いまだに順番があやふやな私。
文庫になっても、またまた似てます(イラストは、引き続き、高永ひなこさん)
ノベルズの在庫もあるみたいなので、待てない人はぜひぜひ続きを。
このあと、残り3冊の感想も書く予定です。よろしかったらまた覗きにいらしてくださいね。


追記 : その後の感想はこちら
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんばんわ
こんばんわ。
「有罪」の意味ってそういえば、考えないで読みました。
婚約者を裏切ったからかなーくらいに思ってました。(^▽^;)
あっちから(?)トラックバックさせていただきました。

GOOブログお引越ししました。
これを期に、色々(?)がんばっていきたいです。
薬屋さんシリーズ、好きです。
文庫になったのは知ってたのですが、唯月さんがイラストなんですね。
あすた | URL | 2005/06/05/Sun 20:38[EDIT]
有罪>あすたさん
いえ、私も実際何が罪なんだか…(笑)
あすたさんは続き、読みましたか?
穂高が不安定で面白いので、機会があったら読んでくださいね~
リリカ | URL | 2005/06/06/Mon 15:38[EDIT]
リリカさんの感想読んだら、深い洞察入ってたので、自分の感想が恥ずかしくなってしまいました。私も題名とお話の内容の関連性をずっと考えていて、どうしても女性立場を考えてしまうので、美和視点からすると「この2人、有罪だよね」と思ってしまいました。

この後、続刊あるようなので、読んでみたいと思っています。CDは買わないけど。
ごまくり | URL | 2005/06/28/Tue 22:56[EDIT]
CDこそ>ごまくりさん
ごまくりさんのところにも同じこと書いたけど、はじめはヤってるだけの話…という印象がありました。
美和を切り捨てて、透也を応援しながら読んだり、穂高ってかわいそうね~って同情しながら読んでみると、また違ったふうに見えてきました。

CDこそ、ただエロいだけなんじゃないかと、ちょっと心配です。
私も買わないけど…
リリカ | URL | 2005/06/29/Wed 13:14[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。