ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユギさんのイラストがぴったりでした。


あなたと恋におちたい
高岡 ミズミ
幻冬舎コミックス (2005.5)
ISBN : 4344805704
価格 : \540




【こんな話】
外村慎司(26歳・製薬会社の営業)は、取引先の小児科医・喜多野(37歳)に片想い中。喜多野に会うたび、舞い上がって仕事どころではなくなってしまう外村だったが、ある日、酒の席で酔いも手伝ってか、気づいたら胸の内を告白していて…。

【ひとこと】
とにかく可愛いのひと言につきました、外村。
喜多野先生にベタ惚れのあまり、妄想しまくり。本人を前にしながら、ふと別世界に意識が飛んでしまったりしてます。
うっかり 「好き」 と言いそうになって、というか 「好…」 まで口に出してしまってから、あわてて 「鮨を食べに行きませんか」 と取り繕う人なんて、そうそういません。
そして、ついにはその延長で、本当に告白しちゃうわけで、読んでて一緒に恥ずかしくなりました。

いっぽう、バツイチの喜多野先生は、ホモっ気もないし、娘の写真を部屋に飾ったりしていて、とてもじゃないけど外村の入る隙はない感じ。
なもので、想いが通じても、外村が主導権握ることになるんだろうなぁ、でも外村が「攻め」なのはイヤだなぁ、とかあれこれ考えていたんです。
が! この先生が、予想を裏切る(期待通りの?)スケベなおじさんで、嬉しかったというか、安心したというか。
それにしても、Hシーンのやりとりは、読めば読むほどおかしいです。鼻血出る寸前の外村と、爽やかで穏やかなふうでもやることはしっかりやる喜多野先生と。
喜多野の 「僕はしたいかな」 には、私がやられました。素敵です。

しかしですね! 喜多野には、ひとつだけ、言ってほしくなかったセリフがありました。
キスで胸がいっぱいになった外村が 「死にそう」 と訴えたとき、喜多野が
「人工呼吸をしないと」
って。やだー、それだけはやだ。
キス(+医者or救急関係)→人工呼吸 の図式って、昔から少なからずあったと思うんですが、私は苦手です。このあいだ読んだ、G先生の本にも似たような下りがあって、どーんと引いたばかりなのです。
あ?あ、喜多野先生だけはそんなこと言う人じゃないと思ったのになぁ。

この 「人工呼吸」 で、先生は外村同様、私の中でトホホなキャラとなりました。

さて、ここからは、外村の友人&元カレ・佐竹について語ります。
喜多野と初めて寝たとき、外村は 「好きな人にさわってもらうのは初めて」 とあったので、今さらながらビックリ。佐竹と付き合っていながら、これっぽっちも愛はなかったんでしょうか、外村は。
佐竹は、あんなに外村のこと好きなのに、また前みたいな関係に戻りたいって思ってたのに、あんまりです。
でも、佐竹は男前なんですよね、悲しくなるくらいに。男でも女でもいいから、早くいい人見つけて幸せになってほしいです。

しかし、喜多野も酷です。
わざわざ、佐竹を呼び出して、"外村を好きなんだろ" と確認するんですから。これからは自分が外村を守るから、お前はもう近づいてくれるな、というけん制ですか。
頼むから、そっとしといてあげてください。佐竹くんは失恋しちゃったんですから…。

そんな喜多野だから、外村が 「好…」 といいかけたとき 「す?」 と聞き返したのだって、案外、お見通しだったのかもしれません。
(★★★★☆)

書き下ろし小冊子は、どうか佐竹の話でありますように。
まかり間違って、茅野とくっついたら、どっちが「攻め」になるのかなぁ。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

びっくり。!!(゜ロ゜ノ
コンバンワ。shiteで御座います。
今、さっき。リリカさんのblog拝見していて、TBしたい!と思って自分の所戻ってみたらコメント頂いてて吃驚。有り難うございます!!(喜)

この作品。賛否両論らしいのですが。
ワタクシ、多いに笑わせて頂きました。『ステキお医者様キャラ』だろうが、『えろおやじ』だろうが、喜多野ティチャーの、アグレッシブなノンケっぷりに乾杯!(寒波い?)(T▽T)ノアッハハ! かっこいいです。(←褒めてます。)紳士の軽業。
言動におやじっぷりを見せて頂きましたが。実際かっこいい男なんでしょう。(だから、笑えるんですけど。私が、間違ってます。えぇ。)
自分。オヤジ好きなモノデ・・・。(オイ)

>>書き下ろし小冊子は、どうか佐竹の話でありますように。
佐竹で、書き下ろし期待したいです。(-人-)願掛け。調子良さそうだけど、外村をなにげに支えてる。器がデカイ感じが魅力です。

長々と失礼しました。m(_ _)m
*TBさせて頂きます!


shite | URL | 2005/06/03/Fri 03:38[EDIT]
え?賛否両論?
shiteさんも夜更かしさんですね~

賛否両論なんですか?
私は大好きです、コレ。つか、佐竹が?(笑)

shiteさんところでもぐだぐだと管を巻いておいて、しいい加減しつこいですが、37歳だとまだまだオヤジって感じしないんですよねー。
でも、あの「人工呼吸」発言で、喜多野先生はやっぱりオヤジなのかなぁ。

shiteさんが喜んでるから、それでいいことにします(笑)
ではまた♪
TBありがとうございました。
リリカ | URL | 2005/06/03/Fri 06:53[EDIT]
まだまだ若い
ですよね37歳って。オヤジぎゃぐかます歳でもないだろうに、と思いながら読んでました。

こんばんは、挨拶の前に失礼しました。
おひさしぶりです。TBお返しさせていただきました。

> 佐竹と付き合っていながら、これっぽっちも愛はなかったんでしょうか

うわ! 不覚です! 私ちっともそこに注目していませんでした。
そういえば外村ってあの顔に似合わず遊び人の一面があったとか言いましたよね。
そう考えてみると、佐竹のほうがよっぽど外村に本気だったということかも…?
うわぁ、ますます、佐竹サイドのお話読んでみたいです! 萌えます(笑)

茅野は度量も狭そうなのに「受け」てくれそうな気がします(笑)

ではでは、またおじゃましますね♪
秋月 | URL | 2005/06/03/Fri 20:10[EDIT]
リング登録ありがとうございます
登録ありがとうございました。
認証いたしました。
それでですね。
すみません。ピンクのテーブルタグ、テーブル閉め忘れてました。
基本的なミスを…。
(〒_〒)ウウウ
申し訳ありませんでした。
あすた | URL | 2005/06/03/Fri 21:52[EDIT]
受けてくれますか>秋月さん
こんばんは。
TBありがとうございます。

そういえば、外村と佐竹はあの界隈では有名人だった、と喜多野も言ってましたが、遊び回る外村の尻ぬぐいも佐竹の役回りだったのかもしれませんね。
となると、ますます憐れです、佐竹。

茅野、受けてくれそうですか!(笑)
気まずくて出社できないで自宅でひきこもってるところに、佐竹が訪ねていってどうにかなるっていうのもいいですね。

書き下ろしは、あの麻雀メンツもぜひぜひ出てきてほしいですよね。
オヤジが麻雀、というベタ加減にゾクゾクきました。

ではまた~
リリカ | URL | 2005/06/03/Fri 23:15[EDIT]
ありがとうございます>あすたさん
私こそ、基礎がなってなくて、ごめんなさい。
さっそく、あのピンクのにさせてもらいますね。
お世話になります。
リリカ | URL | 2005/06/03/Fri 23:17[EDIT]
こんにちは
はじめまして。また、きます。
さっちん | URL | 2008/11/21/Fri 13:05[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。