ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台の上から告白… そんな王道的結末を期待してたんだけど(笑)

傲慢な愛は台詞にのせて
いおか いつき
プランタン出版 (2005.5)
ISBN : 4829622849
価格 : \560


【こんな話】
亮は、ずっと憧れていた人気俳優・高岡大志の舞台脚本を書くことに。しかし、大志の強い視線に戸惑った様子が "誘ってる" と誤解され、濃厚なキスをされてしまって…(カバー裏より抜粋)

【ひとこと】
結城亮は、脚本家のタマゴ。新鋭劇団で演出家をつとめる兄・秋司の下で、助手として働いています。
秋司は、亮の自慢のお兄さんで、その逆もまたしかり。この話もそんなふたりの描写から始まり、秋司が亮に、次の芝居の脚本を書いてみないか、と持ちかけるシーンへとつながります。
そのせいか、カバー裏で 「傲慢な俳優×ウブな脚本家の…」 と見ていたにもかかわらず、ああ兄弟モノだったんだ! とひとり合点したまま読み始めることになりました(笑)
(p.25のイラストを見るまで、てっきり表紙で抱き合ってるのは秋司と亮だと思ってた)

さて、美形の仲良し兄弟に、俳優が絡んできて、どんな嫉妬劇が繰り広げられるのかとドキドキしていたら、意外におとなしい一本筋のストーリーです。
もっと秋司が、オレの弟に何をする!てなタイプだと思っていたんです。でも、それどころか亮と大志の仲を応援していましたもんね。
なのに、大志の傲慢なアプローチに、亮がなかなかなびかなかったのは、"大志のように別世界に住む人間に、俺なんか相手にしてもらえるわけがない" という気後れが大きな原因だったわけですが…

…それにしては、亮の行動にどうしてもわかんなかったところが。
屋上でパンを食べている亮のところに、大志が来てキスするシーン。ここの亮って、なんでこんなに可愛いのよ。自分から、背中に手を回したりして、最初酔っぱらってるのかと思いましたよー。
ちょっと意気消沈していた自分を、探しにきてくれて嬉しかったのはわかるんだけど、どうも納得いかないなぁ。だって、この寸前まではこんなに素直じゃなかったし、このあともまた元の頑なな亮に戻っちゃったでしょう? うーん。
といいつつ、実はこのあたりは結構好きで何度も読み返していたりします。そして、いつまでもこだわり続ける私です。
(★★★☆☆)

女優のひびきさんがイイ。話の進行上、いいように使われて終わっちゃったのが残念です。
あとは廉くん。亮は、大志のことを兄にも話さずに悶々としてたけど、廉くんに相談したらよかったのにな。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

初めまして!
リリカさん、お初にお目にかかります。
Mr.ストロベリーシェイクと申します。

私もつい最近「傲慢な愛は~」読みました。
感じた事がとても似通っていて(笑)嬉しくて思わずコメントさせて頂きました。

あの屋上のシーンは本当に疑問でしたよねー
急に亮が甘えてみたりしたもんだから、ええーーー!ってなっちいました。
なのでせっかくの甘~いキスシーンにも説得力がなかったと言うか・・・
その辺残念でしたねー。

私の拙い記事ですが、トラバさせてください。
あとリンクをさせて貰っても宜しいでしょうか?
前々からコソコソお伺いさせて頂いていました!(怪)
新参者ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
では失礼致します。
Mr.ストロベリーシェイク | URL | 2005/06/02/Thu 10:24[EDIT]
どうぞよろしく
Mr.ストロベリーシェイクさん、こんにちは。
(可愛いハンドルですね~)
TBとコメント、どうもありがとうございます。

>屋上の亮
ね、ヘンでしたよね。
大志のほうも、あんなふうにコロコロ態度変えられたら、イラついちゃいますよね。
で、最後のほうでもう一回亮が「僕の気持ちは忘れてください」とかって言うじゃないですか。
あそこでも、ガクっと来ちゃいました。なんだ今さら!って感じで。
でも、大志はいい感じでしたよね。

これからもどうぞよろしくお願いします。
「新参者」なんて、そんな括りはないですよ~
こちらこそ仲よくしてください。
リリカ | URL | 2005/06/02/Thu 14:17[EDIT]
こんにちは~
ここ何日か何度、TBをおくっても拒否され続けて困ってます、なぜだ??なぜなんだ~

私もこれ読みましたよ、俳優と脚本家って言う設定だったからもっとドラマティックな展開を想像していたのですが、さほどでもありませんでしたね(笑)

あと、傲慢と言う大志がおもったよりずっと紳士だったのが妙に笑えました。

ではでは
Jura | URL | 2005/06/12/Sun 12:51[EDIT]
>Juraさん
こんにちは~。
Juraさんの、慶とお兄ちゃんがラブ!(笑)を読んで、また読み直しちゃいましたよ~
なんかそんな気がしてきました。
Juraさんは、"ふたりが両想い" に一票ですか?(違)
私は、慶の片想いでもいいかなぁと思っています。

…って、なんの話なんでしょう。
ではでは、続編が読めることを祈って。
リリカ | URL | 2005/06/13/Mon 15:35[EDIT]
こんばんは、リリカさん。

私も、ようやく読めました。(こればっかりです)
面白く読ませてもらいましたが、物足りなかったような気もしました。
美味しそうな脇役、たくさんでしたのにね。
でも、もっと傲慢で俺様なのかな?と思っていた大志が、かわいい男でよかったです。

TBさせてもらったんですが、夜中にすると最近エラー出まくりなので、うまくできてなかったらごめんなさい。
あけみ | URL | 2005/12/01/Thu 00:59[EDIT]
>あけみさん
こんにちは。

ちっとも傲慢じゃなかったですよね。
それに、お兄さんも不可思議な存在でした。
ほら、BLに登場する兄で、弟の恋を応援するっていうケースがあんまりないような気がして。

面白かったんですけど、いおかさんだけにもっと上を求めてしまう…そんな感じでした。
リリカ | URL | 2005/12/01/Thu 11:12[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。