ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日に続いて、 「今年発行されたBL本の中で良かったもの」 です。今日は、小説。


月を抱いた
夜光 花
竹書房 (2004.6)



【こんな話】
恋人だった了のもとから逃げ出して四年。直樹は住む所を転々とし、まるで逃亡者のような生活を送っていた。自分が幼い頃に犯してしまった罪を了にだけは知られたくない。ばれて軽蔑され、嫌われるのが怖い。そんな直樹の思いとは裏腹に残酷な運命は二人を再び引き合わせてしまう。四年前と少しも変わっていない了の甘く激しい求愛と、決して知られてはいけない罪の意識に、直樹は次第に追いつめられてゆく……。
(カバー裏より)

実は、この本については一度感想を書きました。よろしかったら、カテゴリからどうぞ。

【ひとこと】
とにかくせつなくて、読みながら「どうしよう、どうしよう」という感じでした。直樹のどうしたらいいかわからない気持ちが、もう痛いんですよ。そして、了のせっぱ詰まった気持ちもわかりすぎるほどで…(前に書いたのと同じ内容になってしまいそうなので、このくらいにしておきます)。

夜光花さんは、新人の作家さんだそうです。
きれいなお話を書ける人だと思います。文章が丁寧だし、エッチシーンも上手だし。
2冊目に、とっても期待しています。
(おすすめ度 ★★★★★)

麻生海さんのイラストも素敵です。2ページだけど、おまけマンガもついてます。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

今更の書き込みです
過去の記事にカキコよろしいですか?
なるほどー。家事こなしながら読みふけったのですね~(^m^)

この本、私、実は最初、期待はずれだったのですよ。あらすじ読んで、「求められすぎて逃げる話か。」と勝手に思い込んでて、そういうの大好きだから手に取ったら、すこーし状況が違ってて・・・
でも読み進むうちに「すんごい展開になってきたぞ・・・」と思いました。直樹も了も違った意味で苦悩してる。その様がとにかく切ないというか、辛かった。

それと、この本のタイトルのネーミング、いいですよね。美しいです。
ごまくり | URL | 2005/06/21/Tue 22:34[EDIT]
表紙も>ごまくりさん
こんばんは。

私もきっと、同じような理由でこの本を買ったと思います。
あらすじに惹かれて。
でも、読み始めたら、どんどん話が深刻になっていって、追い立てられるように読んだような記憶が。

タイトル素敵ですよね。
それに表紙も。
麻生さん、ほんわかした絵が多いですけど、こういう眼光鋭いキャラもなかなかイケるなぁと思いました。

「灼熱を呼べ」もちょっと似たような切なさがあります。
よかったらぜひ。
リリカ | URL | 2005/06/22/Wed 02:00[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。