ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初めに刊行された 『歪んだ熱』 の続編です。
でも、どこにもそう書いてないんです。花丸文庫のHPにも、カバー裏のあらすじにも、先生のあとがきにすら! 謎です…
前作のあらすじと感想はこちらにあります。よろしければどうぞ


甘やかな背徳
金沢有倖
白泉社 (2005.5)



【こんな話】
大恩人の青年実業家・八貴 竣(やつき しゅん)から愛人関係を強要され、一度は逃げた探偵事務所の仮所長・土師 巴(はにし ともえ)。再会した二人はお互いの気持ちを確かめ合って恋人同士に。だが、妙に男受けがいい巴に、八貴はますます独占欲を深め、巴はそんな八貴に反発を覚える。(カバー裏より)

【ひとこと】
あれ? 巴って、こんなに八貴のこと愛してたっけ? それが、第一印象。
1作目を読んだときは、なんだか物足りなかったんですよ。八貴は巴を束縛するばっかりだし、巴はそれをイヤがってるのかポーズなのかわからないし。
でも、この続編で、ちゃんと巴の気持ちを知ることができました。流されてるだけじゃなくて、ちゃんと八貴のことわかろうとしていたんですね。安心しました。
それに、私のお気に入り・バイトの龍之介くんや八貴の部下・石岡さんをはじめとする脇キャラも、出ずっぱりで大暴れ(?)していて、とっても楽しく読めました。

さて今回は、巴も頑張って仕事しているのですが、調査ターゲットがホスト時代の先輩だったことから、話がややこしくなっていきます。いろいろな人が絡んでくるけれど、みんな巴のことが大好きで、ちょっとズレた人ばかり。あの石岡さんまで、巴のことが好きになっちゃったとはね…。石岡さん、イイ味だしてます。
巴のピンチに、八貴が駆けつけるのは毎度のこと。でも、1作目の巴は、八貴がストーカーみたいに出没するのを本気でイヤがってるように見えたんだけど、ちょっと反応が変わったような気がします。いきなり八貴が出てきても、驚きはするけどイヤがってないみたい。
私、実は八貴のことがよくわからないんです。何を考えているのか、とか、なんで巴のことそんなに好きなのか、とか。だから、ふたりのこと、あんまり祝福する気になれないのが困ります(笑)

そういえば、少しショックだったことが。
巴が龍之介のこと、"雑魚" って言ってるんです。それも、今回の最低&最悪キャラを引き合いに出して「どちらも雑魚だが…」 って一括りにしちゃってる…。
そんなに龍之介ってダメですか? 変人なのは、八貴も同じなのに、どうしてそんなに邪険にするんだろう。あんなにいい子なのに。
もし、また続編が出るなら、せめて龍之介のこと、もう殴ったり蹴ったりしないでほしいです。
(★★★+0.5)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。