ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オビに「禁忌に燃え上がる」ってあるんですが、そんな感じではないです。可愛らしいお話。


恋より甘く愛より熱く
真崎 ひかる / 真崎 ひかる著
ワンツーマガジン社 (2005.1)



【こんな話】
いたって普通の高校生・樹(たつき)は2年前に酔った義兄の皓史(こうし)に抱かれてしまったことがある。だけど大学を卒業と同時に家を出た皓史はその時のことを覚えていなくて……。ある日、ひょんなことから皓史と同居することになった樹は戸惑いながらも、次第に秘めていた恋心を抑えることができなくなって?。

【ひとこと】
皓史は、樹よりもひとまわり上のカメラマン(本ではフォトグラファー)です。私、カメラマンという設定、あまり好きじゃないんです。好きな人を自分の手で写真に残したい、といった雰囲気が、どうにも気取っていたり熱すぎることが多くて。
この作品にも、撮影の場面が出てきます。でも、皓史はむっつりスケベ(本人談)で、外見はたぶんカッコいいんだろうけど、気取ったこというような男じゃなかったので、私も大丈夫でした。

みんな素直になろうよっ!
最近、こんな気持ちになる本ばっかり読んでます。
好きなら、ちゃんと態度や言葉にあらわしてほしいです。
ふたりが同居することになったときも、手放しで喜べとは言わないけれど、皓史がひと言「よろしくな」って笑ってくれるだけで、樹だってモヤモヤしなくてすんだのに。
かわいそうに、樹はあれこれ気をつかっちゃって、気の毒でした。
よくあるじゃないですか、こういうの。「一緒にいたら、壊してしまいそうで怖かった」みたいな展開。皓史もそんなこと言ってます。好きだから、これ以上一緒にいたらいけないと思って家を出たって。それもわかるけど、皓史は樹の気持ちに気づいていたんだから、壊しちゃったってよかったんですよー、もう。

そして、毎回同じような感想を書いて申し訳ないんですが、当て馬として登場する、皓史の友人・勇海(いさみ)のほうが、優しく満たしてくれそうで好きです。話の流れとしては、一回くらいヤってしまってもよかったような気もしますがどうでしょう。

でも、この当て馬作戦も100%成功とはいえなくて、結局は、樹が行動に出たからハッピーエンドになったんですよね。12も年下なのに、偉いなぁ樹は。

続編も収録されています。
手錠でつながったイラストがあるんですけど、それが可愛いんですよ?、必見。あとがきで、真崎先生もそうおっしゃってます。
そして、おまけについてきた小冊子ですが、なんかヘンな大人に囲まれてる樹が心から気の毒になりました(笑)
(★★★★☆)

素直で可愛い受けが好きな方はぜひ。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。