ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと読みました。続編の発売がすぐそこなので、ちょっとトクした気分。

オンライン書店ビーケーワン:許可証をください!   オンライン書店ビーケーワン:慰安旅行に連れてって!

許可証をください!・慰安旅行に連れてって!
烏城 あきら
二見書房 (2003.11) (2004.6)
価格 : 各 \600


化学薬品の中小企業 喜美津化学の品証部勤務・阿久津 弘と、製造部の前原健一郎の仕事ぶりを描いた…じゃなくて、体当たりの恋愛…でもないし、そんな話。もう、こんなに人気だから、あらすじはいいかな。


不思議なくらい、面白かったです。なぜ不思議かというと、BLでなくても、特殊な業界を舞台にしたものって苦手だと思っていたから。
化学薬品なんて興味はないし、品証なんてことばも初耳、製品にボルトが混入するだの、排水が汚染されるなんて話にも、これっぽっちも興味はないのに、ぐいぐいと引き込まれて読んでしまいました。
工場のラインの調査とか、配管チェックのために穴を掘ったりするところが、すっごく面白くて、固唾をのんで見守ってしまった感じです。これは、作者さんの力量ゆえ。

1も2も同じくらい好きだけど、2のほうが心持ち、前原の行動がおかしかったり、弘の可愛さもちょっとアップだったりで楽しかったですね。
前原、裏表はないし、わかりやすくていい男です。本能のまま行動してるようで(いや、実際そうなんだけど)、常に頭のなかで弘の行動を言動を分析しながらコトに及んでるところなんか、かわいくてたまりません。弘を布団に突き飛ばしたあと、逃げられないように、浴衣のすそを踏んづけていたのには笑いました。
弘のスタンスはこれからも変わらないだろうけど、前原のほうは理性が気持ち(欲情?)に追いついたそうで、今後どういう行動に出るか楽しみです。

いま、二見書房さんの新刊案内で『嵐を呼ぶ台風!?<許可証をください!3>』のお知らせを見て大笑い。次作の一大事は、「渇水」だそうです。またしても、こんなテーマには興味のない私ですが、きっとまた、二人の仕事ぶりをわくわくしながら読んでしまうんでしょうねぇ。
(★★★★★)


私は、普通の会社に勤めた経験がないので、小説やドラマに出てくる、"職場の風景" にすごく興味があるんです。今まで経験した仕事が、自分ひとりで最初から最後までこなすものばかりだったので、喜美津のみんなが力を合わせて問題解決してる様子になんともいえない羨望というか嫉妬というか、そんな感情がわいてきます。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。