ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここのコミックスは装丁がよいです。





■ナツコイ
■フユコイ

高校のクラスメイト同士。
夏休み、海の家でバイト中の井出 (表紙左) は、クラスメイトの篠原 (表紙メガネ) が女にひっぱたかれているところを目撃。
さらに その翌日、今度は浜辺で倒れている篠原を救出することになる。
事情を聞けば、篠原は女にふられたのではなく、彼女の夫と逢うはずだったらしく…

いやぁ、なんかやたら濃くて熱いです、このマンガ。十代の若者の熱気というか、体臭というか (?) こっちまでハァハァ息苦しくなってきます。エロい。
高校生の話なんて、「麗人」 らしくないなぁ なんて思ってたらとんでもない… おつりが来ますよ。

「ナツコイ」 は、タイトルどおり 夏休みの話。そして、学校が始まってからのふたりが 「フユコイ」 に描かれています。
「フユコイ」 のほうは、さらに ふたりのムラムラ感が誌面からただよってきそうです。さすが、鹿乃さんの描く "走り出したら止まらない" 若者たちは、天下一品です。

あ、高校生らしいところもあるにはあるんですけどね。
これ、大学生のほうがよかったかなぁ… それとも、このちぐはぐ感が萌えなの?
(ご参考 : 篠原×井出)


■ルーム・メイト
■雨宮くん

高校 (寮同室) の後輩 遊佐×先輩 伊利。
気がつけば、遊佐は先輩の上にまたがって、コトの真っ最中! なぜっ!?
しかも先輩は、自分のことを 「雨宮」 と呼んでいて…
そんな恐ろしげな話。

実は、「雨宮」 というのは、事故で亡くなった伊利の親友。
伊利は、雨宮のことが好きだったのです。でも、雨宮のほうは、伊利のことを普通に男友達として見ていたのかな。 (これについては後述↓)
伊利には、雨宮の死後も、彼の霊がずっと見えていたから、遊佐のことを好きになっても、雨宮に気をつかってどうすることもできなかったんでしょうね。それを見かねた雨宮の霊が、遊佐に乗り移ってふたりをくっつけようと…
うう、いい話です。

表紙のふたりとは違って (笑) 伊利も遊佐も、純情クンで微笑ましいです。やることはやってるけど、とってもピュアな感じ。

……なんですが、描き下ろしの 「雨宮くん」 を読むと、どうも彼はそんなタマじゃないような気がします。
伊利と遊佐がうまくいったのを見届けて、成仏するかと思いきや、今度はほかの男子のところへ
"真の昇天を夢見続けてる" そうです。この表現、最高です。


■ムジナ
もうじき義兄弟カプ。
姉の婚約者 臣次が気になり、彼の部屋を覗くヒロミチ。そのヒロミチをストーキングしている 臣次の双子の兄 一臣。
結婚式を前に、てっきり3Pにでもなるのかと思ったけど違いました。 (これの前の話が 3Pだったし・笑)
一臣がかなりの変態なので、ヒロミチの行く末が心配です。

ヒロミチの部屋を覗くという行動が乙女っぽいので、もうちょっとかわいい感じの青年だともっとよかったかな。
ヒロミチと一臣が会話していると、たまにどっちのセリフかわからないところがあったので、余計にそう思ったのかもしれませんが。

                    ■□■

あと、『こんな男に誰がした』 の続編になる 「パラサイト・ハニー」 と、『ブルと歩けば』 の続編 「ブル再び 2001」 が収録されています。
私、どちらも未読なので、事情がよくわからないのですが、「パラサイト…」 に登場する成沢先生というのは新キャラですか?
とてもイイです、彼。

(★★★☆☆)

海に行くときは、この本を持っていこうと思います (?)

読んでくださってありがとう


スポンサーサイト
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。