ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本屋さんでガッシュ・コミックスの背表紙を見るたび思い出すのは、『DOUBLE CALL』 の全員サービス。
私の心配は、もはやいつ届くかではなく、この企画がご破算になったときの 「返金」 のこと。私、為替の控え、なくしちゃったんです…
とりあえず、海王社さんはオフィシャルサイトくらい作ってほしいと思います、お願いします。


4877244239僕は君の鳥になりたい
ホームラン・拳

海王社 2005-08-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



高校生の炯 (けい) が、お姉さんの彼氏を好きになってしまうお話。
(5編+描き下ろし短編1編)

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

炯は、可愛くて素直で、本当にいい子です。
お姉さんや、血の繋がっていないお母さんとも仲がよくて、そんなときの炯はとても楽しそうで。
でも、どこか満たされない気がして、足が地に着いていない感じなんです。本当の居場所が見つからないっていうのかな。
炯自身も、何が足りないのか、何が欲しいのかわからなくて、悩んでいるのかなと思うと、学校の先生に要求されるまま、カラダの関係をもつような醒めた面もあって…。

マンガから推測できるのは、父との不和くらいでしょうか。
小さいときに優しくしてもらえなかったことが、今も引っかかっているんですね。

そんな炯が、お姉さんの彼 藤井さんに恋をします。
藤井さんもボクトツな感じのよい青年なので、3人でデート… っていわないか、出かけたりするわけです。これは、辛いです。
おまけに、ふたりのキスシーンまで目撃しちゃって。
妹がお姉さんの彼氏を好きになるのと、状況は似ていても、心理的にはずいぶん違うなぁと思いました。

だけど、想いはどんどん大きくなってしまうんですよね。このあたりからが、ますます悲しいです。
藤井さんとふたりで出かけるはずだった休日を、お姉さんに譲ることになったりするんですけど、もうここがせつなくて。

そうこうしてるうちに、炯があまりにも挙動不審なので、さすがに藤井さんも何か感じはじめます。そうすればお姉さんだって (←かなり鈍い人だけど) 薄々と… ね。

この話が素敵なのは、告白を受けた藤井さんがホイホイと 「俺も好きだ」 などとありがちなセリフを言ってしまわないところです。
ここの数ページが、とても好きです。

さて、ここで脇キャラの話を。
近所に住んでる、炯のおじさんです。官能小説作家で、和服を着て、純日本家屋に住んでるのにドレッドヘアで、たぶんホモな人。
炯のよき相談相手でもあるこのおじさんが、魅力的なんですよ。もう大好き。

クライマックスでは、この自由人のおじさんも大感動の、藤井の一世一代の告白 (?) が見れます。ここも、よくありそうで、ひと味違う展開です。

ホームラン・拳さんならではの、ギャグとシリアスが交互に押し寄せてくる感じが、深刻な場面もさらっと読ませてくれました。
(★★★★☆)



口絵の藤井。
趣味の悪いシャツ (おそらく素材はちりめん) の上に、白衣をはおってます。
医大生なんです、ぜんぜんそれっぽくないんですが。
スポンサーサイト
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。