ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会室の妖しげな雰囲気にすっかりヤラれた 1巻。
今回は、能勢は下克上できるのか!? それだけが気がかりでした。しかし…
これで完結。
「1」 の感想はこちら


てっぺんのひまわり 2
富士山 ひょうた
フロンティアワークス (2006.4)


今泉 (左) が能勢と親しくしているのを見て、徐々に自分の気持ちに気付きはじめた大野 (右)。
当然 大野は悩むだろうし、能勢も絡んできたりするんだろうなぁと思っていたら、あっけらかんと告白しちゃったのでびっくり。

照れもせずに、
「今泉の顔、急に見たくなって」
ってところと、その見開き、よかったですねぇ。

だけど、そうそう簡単に流されないのが今泉です (相当、動揺してるけど)
やっぱりね、錦成には高校から編入したこともあって、まだまだ男の子と恋愛するのは抵抗あるのです。

今泉を困らせたくなくて、明るく振る舞う大野。
でも、そんな大野の態度が、今泉にとってはどうも納得いかないようで。
だとしても!
「ついてくんなよ 大野!!」
って、ちょっと傷ついた、私。
いや、私じゃなくて、大野も傷ついてた。

ホモの仲間入りするのがイヤなのもわかるし、これからもベストフレンドでいたい と思うのもごもっとも。
でも、この辺りの今泉はちょっと自己中かな、冷たい。

私が感動したのは、屋上のシーンでの大野。
今泉 「これからも 大野と一緒に やっていきたいし」
大野 「さすがにそれは ムシ良すぎ」

へぇ、言っちゃうんだ、こんなこと! 驚くと同時に、感動しました。
彼にとって、今泉にフラれるということは、今後つるむのもナシ、ってことだったんですね。
けじめです、カッコいい。

だけど、今泉が困るのもわかる?
だって、大野のことがキライなんじゃないんだもんね。

結局は、あんな感じで… (どんな!? 笑)
ぶっちゃけ、今泉は大野のペースに巻き込まれちゃったのかな。
でも、友だちとしての 「好き」 と、恋人としての 「好き」 と、別にたいして違わないんじゃない?
とりあえず、今泉にはそうアドバイスしてあげたい。
(★★★★☆)


描き下ろしは、会長の梢と補佐の住吉の話。
このふたり、生徒会を離れても、主従関係だったんですね。
最後のお布団のシーンがよかったです (もちろん、それだけではありませんが)
そして、意外に頑張ってる今泉も (笑)

能勢がただの脇役に終わっていたのは残念でした。もったいない。

読んでくださってありがとう

スポンサーサイト

なんかやたらドキドキしちゃったんですけど…


てっぺんのひまわり 1







富士山 ひょうた
フロンティアワークス (2005.5)
ISBN : 4861340764
価格 : \590




『わりとよくある男子校的恋愛事情』(?2)と同じ、錦成学園が舞台のストーリーです。
あらすじを説明するのは簡単ですが、前作から引き続き登場するキャラについての予備知識はもちろん、学園の雰囲気を知る意味でも、『わりと?』を読んでおいたほうがゼッタイに楽しめると思います。

で。
何がそんなにドキドキしたかといいますと、生徒会室でございます。
会長と、会長補佐と、副会長… 誰がどうの、というのではなく、3人全体の醸し出す淫靡な雰囲気に、私はもうがんじがらめ、骨抜きにされました。
新入生の竜平と国久を会長補佐に欲しい、と画策している様子なんて、獲物を前に舌なめずりしている蛇さながらで…。
この本を買って、まだ3日ほどですが、生徒会絡みのページばかり繰り返し眺めている私です。

でも、会長と補佐がデキていて、副会長の能勢が会長に片想い、というのは、少しせつないですね。
おまけに、会長がそれを知っているのだから、たちが悪いのです。私がしびれた "淫靡" ─ 「節度がなく、みだらでくずれた感じのする(大辞林)」 ─ な感じは、こういうところから発生してるのに違いありません。

おそらくこの話では、竜平と国久がカップルになると思われますが、能勢は幸せになれないのでしょうか。
会長への片想いが国久にバレてしまったときの能勢が、とってもかわいかったので、とりあえず私は、このふたりを勝手に応援することにしました。

そして、こっちがメインカップルだと思っている人も多い、古谷と相川。
実は私、どっちかというと、ワルな大河内のほうが好きだったのです。でも、あんな男だから、さすがに今回は出してもらえないだろう… と思ったら、意外や意外、真人間になって登場してましたねぇ。
炎天下、プールに駆り出される大河内なんて、誰が予想できたでしょう。

まぁ、そんな脇キャラはおいといて、と。
とにかく、相川があんまりかわいくて、どうかなりそうでした。竜平に告白されて、
「俺… すごく無神経だったな…」 「ごめん、竜平君」
ってところなんて、本を開いたままかたまってしまいました。
『わりと?』のときは、言葉少なで、中身まではつかめていなかったので、古谷と大河内との仲を誤解したり、下級生にやきもち妬いたりする相川の表情に、いちいち、ほぉー、へぇーと感動することしきり。

古谷も同じです。ただのボーっとした男だと思ってたのに、ずいぶん男前になって…。特に、ラストの学食のシーンはよかったですねぇ、あの古谷の口から淀みなくあんな優しい言葉が出てくるなんて。
これからも、こんなふうにイチャライチャラしててほしいです。
(★★★★☆)

いくらサブキャラ好きの私でも、『わりと』でいちばん好きだったキャラが大河内だった、なんてことはありません。
保健の浅野先生と大和くんの話が好きでした。その後のふたりを、ぜひお願いしたいです。

ほのぼのしてるのか、怖いのか。

悪態は吐息とまざりあう
富士山 ひょうた
ビブロス (2005.6)
ISBN : 4835217543
価格 : \590





(ゆるくネタバレ)
マンションにおしかけ、いきなり夏目を手錠で拘束、「側に置いて」 と迫る冬時。
(右が冬時、左のネクタイが夏目です)
部屋には入れてもらえたんだから、そんな犯罪まがいのことをする必要もないのに。
そういうプレイが好きなようにも見えません。
そもそも、夏目のどんなところに一目惚れしちゃったんでしょうか。

冬時は 「ピンと来た」 とか 「勘」 って言ってますが、きっと何か決め手となるものがあったんだと思います。今後、それが語られることを祈ってます。
つい、冬時視点で読んでしまうので、なかなか腹をくくらない夏目が焦れったいけれど、冬時だって怖いですよね。いつもはヘラヘラしているのに、ふと真顔になるときがあって、それがゾクっとくる怖さです。

ヤケクソで手錠をむしり取ろうとした夏目に、冬時が 「腕が傷つく」 と止めるところ…
夏目の従兄が部屋に遊びに来ると知って、いきなりキレる冬時…

そのほかにもありましたよね、冬時がいきなり変わる場面が。そのたびに、夏目はずいぶん恐ろしい思いをしたと思います。
それは、"とんでもない奴にかかわってしまった" という、まさにストーカーに対する恐怖です。でも、その反面、冬時の人なつっこさに惹かれていくのも止められないのです。

夏目が、まったくノンケというわけでもないのは意外でした。これから先、元同僚の柏倉もストーリーに絡んでくるのかどうか、緊張します。こんな奴の存在が、冬時にバレたら…。考えるだけで怖いです。

そしてそして!
私の大大大好きな "風邪をひいて看病してるうちにラブラブ v" なシチュエーションが出てきましたね。ワタシ的には、夏目に熱を出してもらいたかったのですが、土鍋持参で看病してもらいにきた冬時はとってもかわいかったです。
ちゃんと治ってから来ればよかったのに… なんて言いつつ、久しぶりに冬時に会えてホッとしてる夏目も、同じくらいかわいかったけど。
まさに、♪会えない時間が 愛育てるのさ? って歌のとおりになりました。

さて、柏倉以上に気になるのが、冬時の従兄・蒼夜です。類は友を呼ぶとでもいいましょうか、冬時と似た怖さがあります。でも、怖いけどかっこいい(笑)
かなり根にもってそうなので、またしゃしゃり出てくるんでしょうねぇ。
(★★★★☆)
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。