ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1巻から3年の時を経て、大ちゃんも西岡さんもますますカッコよくなりました。


loveholic 恋愛中毒 2
川唯東子
ビブロス (2004.12)
ISBN : 4835216865
価格 : \590




設定は、広告代理店エリート社員 松川大介×若手カメラマン 西岡健太郎。連載開始時、ともに27歳です。
一見そりが合わないように見えるふたりが、実は、よき理解者であることに気づき、一応恋人同士になったのが1巻。ルックスも仕事ぶりも言うことなしの松川が、会社の同僚から仕事を妨害されたところを、西岡が捨て身で助けて。それで立場が危うくなった西岡を、今度は松川がうまいこと取りなして。そんなところが見どころでした。

さて、2巻は。
ヤリ手のくせに、仕事とプライベートを混同しがちな松川が子どもっぽくて可愛いです。
西岡が他の男と仲良さげに仕事しているのが気に入らなくて、ちょっと邪魔するだけのつもりが、少々やりすぎて(かな?)西岡のプライドを傷つけてしまうんですが、この話のおさまりかたがとても好きです。イチャイチャもするけど、仕事について熱く語り合ったりもするいい関係なんです。しかし、松川には海外勤務の話が持ち上がり、また、西岡は、父親が倒れたのを機に故郷で仕事をすることを考え始めて…。さてふたりはどうなるのでしょう。

(以下ネタバレ)
仕事は好きだし大切だけど、遠距離恋愛は自信なし。となれば、近い位置にある職業に就いてるふたりにとって、解決策はひとつしかない。…んだけど、最後の最後の提案を、松川は自分では切り出さずに、西岡に言わせようとするんですよね。この恋愛は、今まで松川が主導権を握ってきたようなものだから、彼なりの意地だったのかな。ここんとこ、ちょっと迫力ある松川さんが素敵です。
でも、西岡もヘンなところ慎重な人間だから、気安く松川の人生を左右するようなことは言えないし。このラストが、ああ美しきかなボーイズラブ(笑)という感じでしみじみします、感動。

大ちゃん(松川)は、仕事もできるしカッコいいし、素敵だなと思うけど、実際にこういう男はちょっと勘弁。30?40万もするアットリーニのスーツに、オーダーメイドのジョンロブの靴。それに、マスコミといえども、職場であんなデザイン過剰な時計…(2巻表紙では普通の時計してるけど)。こんな男、同僚から嫌がらせされてもしかたないかも。
一方、西岡は30になっても40になっても子どもの心を忘れない、永遠の少年タイプ。カメラマンに、そういう感性って必要なんでしょうね。でも、ある日突然、「オレ、アフリカにゾウの親子撮りに行こ思うんやけど」とか言い出して、松川を困らせそう。

ふたりで独立、どうなることやら。大阪のおばちゃんたちにいじられて、大ちゃんがいいように崩れてくれるといいんですけどね。
(★★★★☆)
スポンサーサイト
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。