ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年。
いつも読んでくださってるかたにも、初めてのかたにも、今年がよい一年でありますように。
去年の買いもの納めは「小説ディアプラス」でした。初買いは何になるかな?


雨がやんだら
小川 いら
フロンティアワークス (2004.12)


【こんな話】
ドイツ語の翻訳を手がける雨宮郁は、月に一度、恋人に会いに出かける。一年半前に仕事で知り合った高橋とは不倫の関係だ。ある日、高橋に別れ話をされている現場を、知り合いの薬剤師・雑賀徹志に見られてしまう。
(カバー裏より抜粋)

【ひとこと】
気が弱くて、後ろ向きで、思ったことの半分も言えない…、郁のような受けは好きです。そんな郁をひっぱり回す雑賀も強引すぎなくてホッとしたし、展開のわりに修羅場もなく、穏やかに流れるストーリーがとってもよかった。

郁は、自分がゲイなことをマイナスに思っていて、自分をダメでつまらない人間だと思ってる。そんな郁に、不倫なんてとてもじゃないけど無理です。
自分の気持ちを初めて受け止めてくれたのが高橋だ、って郁は思ってるみたいだけど、本当にそうなのかな。だって、高橋には妻も娘もいるんでしょう。それは彼が、男性だけでなく女性もOKということ。郁は、女性はまったくダメなわけだから、この時点で高橋は、郁の抱える悩みの半分しか共有してあげられないってことですよね。

一方、雑賀は強い。本当に芯から強いのかどうかはこの本では明らかにならなかったけど、少なくとも上っ面を取りつくろうことはできる人間です。郁にストレートに気持ちをぶつけたり、街中で手を繋ぎもする。でも、雑賀は昔っから、人前で男性同士手を繋いだりできる人だったのかしら? もしかして郁を元気づけるために、やってみたのかな、なんて少し思いました。雑賀だって、最初っから前向きなゲイではなかったんだろうから。

高橋との別れのシーン。
水族館、と聞いて思わず、奥さんと娘さんを連れてきちゃったりして!って思ったんです。そしたら、ほんとに娘を連れてきちゃった(泣) ショックです。汚いと思った。でも、娘を連れてでも来なければ、彼は郁と別れる自信がなかったんですね、きっと。郁と同じくらい、高橋も別れたくないと思っていたのが救いでした。そして、それが郁にも伝わって本当によかった。
(★★★☆☆)


旧ブログのトラックバック
月と凌霄花
スポンサーサイト
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。