ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は、韓流なんですって v


心の鍵を見つけて
CJ Michalski
ビブロス (2005.9)
ISBN : 4835217993
価格 : \600



【こんな話】
(ネタバレ)
和人は妾の子。
祖父の葬儀で本家を訪れていたところ、事故にあい、大ケガをしてしまう。
しかし、その事故は、腹違いの兄・清人が仕組んだ陰謀で…。
ひとり暮らしの和人の世話をするために住み込みで働くことになった 使用人の東堂は、和人が身につけているペンダント (ちょっと重要なブツ) を狙っていたのだった。

【ひとこと】
腹違いの兄弟、遺産、不治の病…
あとがきによれば、今回はドラマティックを目指したとのことですが、もう笑っちゃうくらいに韓流ドラマなのです。

和人は、Michalski さんお得意の素直でかわいい男の子。
そこへ送り込まれた東堂 (中央メガネ) は、幸か不幸か、こういうタイプが好きだったんですねぇ…
和人が寝ている隙に、首のペンダントを取ろうとしたら、気づかれてしまい、しかたなくキスしてごまかして。
だけど、そこから先は、何がなんだか。ペンダントがほしかったのか、和人がほしかったのか、どっち!?
コトのあと、反省してる東堂さんの表情がいいです?。

さて、清人。お坊ちゃま+病弱キャラといえば、お約束のわがまま男。
和人と和解するよう勧めてくる東堂の横っツラをはり倒したり、お見舞いに訪れた和人に 「出てけーっ!」 って、本を投げつけたり…、まさしく韓流。
でも、本当はさびしがり屋さんなのです。こういうタイプが好きな人には、もうたまらないでしょう (>私)

そんなこんなで清人は、唯一の心のよりどころだった東堂を、和人にとられてしまったわけですが、そこへ後釜を名乗りでたのが主治医で…。
このあたりが、唐突で爆笑でした。↓注: ぜんぶ書いちゃうのでご注意!

だって、お屋敷に引っ越してくると思いましたか? 主治医。
殴られたそばから、土足の足に頬スリスリしちゃって、すっごい危ないよ、こんな医者。
ここだけでも爆笑だったのに、さらにページをめくったら

「愛してる」

だって。
ウソだろ、いつから!? って感じで、きっとみなさんも大笑いしたことと思います。
Michalskiさんの、シリアスの裏で笑わせる技法 (そんなのあるのか) って大好き。
(★★★★☆)

短編の 「ショタリーマン」 も最高でした。
年齢はトップシークレットなんだけど、たぶん10歳前後の部長さんです。
とにかくおかしいです。

賛否両論、あるだろうけど (笑)

スポンサーサイト

これ、Secret Connection(秘密な関係)シリーズっていうんですね、知らなかった。てっきり、カケルちゃんシリーズかと。
「秘密な関係」「ナイショな関係」に続く3巻目、これで完結です。
この2冊の感想・あらすじは、こちら


ホントの関係
ホントの関係
posted with 簡単リンクくん at 2005. 5. 8

芳文社 (2005.4)
ISBN : 4832283383
価格 : \590


やっとカケルちゃんも、右京くんの正体(組長さんの正体?)がわかって、ラブラブエンディングです。前半の右京くんは、ひとり暴走していて、とにかく笑えるんだけど、後半はカッコいいです。文字通り、体を張って、カケルちゃんを自分のものに。
今回は、子分の沙々木も暴走気味です、これも見どころ。

ちょっと不満だったのは、カケルちゃんが、右京くん=組長さんということに気がついたときのこと。カケルちゃんが、
「俺を騙してたの?」
ってきくんです。それに対して、右京くんがただ「ゴメン」って謝るんですけど…。
カケルちゃん、いくら天然だからって、組長さんがなんで "右京くん" になりすましていたかを、すぐにわかってくれなくちゃ。ここの右京くん、すごくうろたえてて可哀想なのです。

ふたりが温泉を訪れる描き下ろしも入ってます。無邪気なカケルちゃんが、もう罪です!(笑)
(★★★★+0.5)


表紙がピンクベースでかわいい。もうピンク好きにはたまりません。そして、1冊目、2冊目と、サングラスをかけていた右京くんも、この巻でははずしてます。
あ、カバーを取ると、「貧乏リーマンと捨て猫」の小話が読めます。たった今、気がつきました…

【TB企画】映像化して欲しいBL本

普通に感想を書こうと思ったのですが、読み直していたら、アニメになったカケルちゃんが見たくなってきました。右京くんもきっと「動くカケルちゃんが見たいぜ」って言うような気がします。

(「秘密な…」の画像がないのでこちらだけ)
ナイショな関係

CJ Michalski
芳文社 (2003.12)
ISBN : 4832282778
価格 : \590



龍守組の組長(最初はまだ組長になってない)・龍守右京が、ラーメン屋のひとり息子・カケルに恋する物語です。
右京が抗争か何かで追われたとき、ラーメン屋"こばやし"に逃げ込んだのが、二人の出逢いでした。
ボカスカにやられた右京は、そこで働く天使のようなカケルに一目惚れしちゃうのです。
ここのカケルちゃん、ほんとに天使みたいなんですよ。
バックには花が舞ってるし、足取りはまるで踊るようにステップ踏んでるし、注文とるのも歌ってるようだし…。
それにくわえて、「寒かったでしょ?」なんて笑顔でサービスされちゃったもんだから、右京のハートはもう鷲掴みです。
傷だらけのヤクザが、ラーメンすすりながらポツリと、
「恋に落ちるのって、随分簡単だったんだな」 なんて言ってるの(笑)
"カケルちゃん"って呼んでるのも、実は右京だけだったりします。

この出逢いのシーン、アニメにしたら楽しいだろうなぁ。

さて、二年後、右京は"こばやし"を訪ねます。なんと、カケルちゃんにプロポーズしに、です。
いきなり!知り合いになってもいないのに!
このヘンが、いかに?も 「BL界特有の」 ヤクザって感じしませんか? ふふ、可愛い。
でも、ちょっと事情があって、カケルちゃんは大のヤクザ嫌いになっていて、そんなにうまくはいかなかったのです。

そこで、龍守組の右京は、身寄りのない青年・森 右京となって、"こばやし"の住み込み従業員になることにしました。
カケルちゃんと一緒の、薔薇色の日々。
ヤクザのときは怖い右京くんも、カケルちゃんの言うことはハイハイきくし、なんてったってベタ惚れな様子が面白いので、もう?ぜひぜひ読んでほしいです。

そして、事態はどんどんこじれて、右京はカケルちゃんの前で、二役演じなくちゃならなくなるんですが、カケルちゃんがド天然で、まったくそれに気がつかないのがナイスです。
でも、カケルちゃんが、だんだん "ヤクザの"右京に心を動かされているのに気づいた右京は、ついに素顔でカケルちゃんに会いに行く決心をするんだけど…。
(つ・づ・く)

テンポもいいし、ギャグも冴えてるし、エッチはあるけどエロくないし、ぜひぜひアニメで見てみたいな、ということで締めとさせていただきます。
(★★★★+0.5)
以下続刊、楽しみ。





この方のマンガって、ページの端から端まで気抜いてない感じがビシビシ伝わってきます。絵も好きだけれど、あとがきがホント面白い。きっと、ご本人も面白い方に違いありません。
カケルちゃんシリーズ ─ という名前かどうかわかりませんが、ラーメン屋の少年に想いを寄せる組長のお話 ─ が超オススメ♪
カケルちゃんの感想はこちら
それにしてもこの本、カラー口絵が表紙じゃなくてよかった。


壊れかけのオモチャ

CJ Michalski
竹書房 (2005.2)
ISBN : 4812460816
価格 : \590


+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

壊れかけのオモチャ(御曹子×奉公人)
箱の中のオモチャ
禁じられたオモチャ

夢見る頃を過ぎても(卒業生×先生)
太陽のプレイボーイ(サーファー×高校生)
紙一重の大嫌い(幼馴染みのエグゼクティヴ)

なかなか素直になれなくて(オモチャ 描きおろし)

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

■オモチャ 3編
財閥御曹子の堅吾(けんご)と、住み込みオモチャの忍(しのぶ)の話。今は高校生ですが、驚いたことに、小学生の頃から、既にオモチャだったんですね。
ご多分に漏れず、堅吾は忍のことが好きだからオモチャにしてるんですが、もう苛め放題です、うふふ。だけど、独占欲が高じて、忍の就職試験を邪魔したり、実家に圧力をかけたりするのはいただけません。それでも、忍もイヤがってるようで、実は嬉しいんですよ。やっぱり、小さい頃から仕込まれて、完全なるM体質になっちゃったんでしょう。

描き下ろしの中で、堅吾が忍のパジャマを脱がそうとして、ビリビリに破っちゃうシーンが出てきます。そこがね、まさにライオンに食われんとする直前といった雰囲気で、笑いを誘います。いくら堅吾がケダモノでも、あんなふうにパジャマは破けませんて。
でも、この描き下ろしの存在は偉大です。これを読むと読まないとでは読後感に大きな差が…。

■夢見る頃を過ぎても
これを読みながら思ったのは、"ステキな生活指導の先生が、その美貌を武器(?)に、生徒たちの更正にあたる話" なんていいですね。半分ギャグで。不良生徒100人斬りみたいな、ね(先生総受けで)

さて、このマンガは、お世話になった先生にバッタリ出会った嶋田(オヤジぽいが19)が、おしかけ女房になっちゃう話です。ギャグながらも、実にいい話だし、嶋田は案外セクシーだし、先生は可愛いし、短いながらも充実してます。

■太陽のプレイボーイ
爽やか! 私が参加させていただいてる、BL×B.L.のトラックバック企画 「映像化してほしいBL本」 にピッタリです。この作品の実写版、ぜひ見てみたい!
海辺を走る通学バスの中から、ふと見かけたひとりのサーファーに恋する、高校生男子のかわいくてせつなくもあるラブストーリーです。岩場の陰の展開に、ちょっと唐突さがあるので、そこをもっと膨らませて、エッチを控えめにすれば、もう大ヒット間違いなしです。うふ。

■紙一重の大嫌い
幼い頃、売りことばに買いことばで、思わず口にしてしまった 「ブサイクは嫌い」「貧乏くさい奴は嫌い」 というひと言を、お互いず?っと引きずったまま大人になったふたりの話。
普通なら、ブサイクとか貧乏と言われたことにムッとするだろうに、この男たちは「嫌い」というところに反応。その後、十何年も、ただひたすら "相手に嫌われないように" ひとりは美貌に気を遣い続け、もうひとりは貧乏からのし上がるんです。
ありえない展開に大笑いしました。

(★★★★☆)

エロ度はそこそこ高め。
そういえば、近いうちに、CJ Michalskiさんが原画担当したゲームが出ます。18禁にしとくのはもったいない雰囲気。

ピヨたん?ハウスキーパーはCuteな探偵?
(18禁なので、各自ご判断くださいませ)


旧ブログのトラックバック
Lete raha -BLひとこと感想-
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。