ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいさ余って憎さ百倍、ですか。


Black or white
遠野 春日
ビブロス (2004.11)



【こんな話】
社長秘書の千晶は、尊敬する寡黙で紳士的な若社長・俊一に突然孤島の別荘に攫われ、閉じこめられてしまう。礼儀正しく真面目にふるまう普段の彼とはまるで人が変わってしまったかのように、独占欲をあらわにする俊一に戸惑う千晶。俊一を駆り立てる激しい怒りの理由、そしてその裏に隠された心情と驚くべき事実とは……?(カバー裏より抜粋)

【ひとこと】
テーマは「10年来の忍ぶ愛」。でも、そんな美しいテーマとは裏腹に、それを遂げるための手段があまりにも…。なんとしても納得がいきませんでした。

もうこれ以上千晶が騙されているところを見ていられなくて、俊一が行動を起こしたのはわかります。でも、本当にこんなやり方しかなかったんでしょうか。拉致するのに殴るのは、まあいいとして、道具とか使うのは? まして、俊一本人でなく他人にやらせるのって…。

千晶を精神的に追いつめて、俊一に縋りつかざるを得ない状況を作りたかったとも考えられるけど、千晶は素直な人間だから、こんなふうに上から押しつける方法でなくてもいいのに、と読んでいて暗くなりました。

でも、千晶の過去に、俊一と長峰がどんなふうに係わっていたかを知ったときは、ちょっとゾクゾクっときました。うすうす気づいていたとはいえ、そこまでとは思っていなかったので、ああ、ずっと千晶のこと、見守っていてくれたんだなぁと、感動もしました。でもでも!じゃあなんで、秘書として雇ったときに最初から優しくしてあげなかったのか、山崎に騙され始めたときにすぐ警告してあげなかったのか、やっぱり不満が残るんです。とくに後者。山崎のやってたことって犯罪でしょう? どうしてすぐやめさせなかったんだろう、うーんわからない。

最後に、忘れてはならない男、長峰について。
俊一が千晶を気にかけているのを傍で見ているうちに、情が移ってしまったに違いありません。ちょっと意味深な行動もしてますしね、肩を抱き寄せたり(×2回・笑)、おでこにキスしたり。これはちょっとびっくりしました。本当は、優しい人なんでしょうね。別荘で千晶にあんなひどいことをしたのは、もしかしたら、千晶を好きになってしまいそうで怖かったからじゃないかしら。だとしたら、少しかわいそうかも。
(★★★★☆)

書き下ろしの続編が、甘?くて好きです。誰になんと言われようと、私はこういうのが好きなんです。これを読まなかったら、★ひとつだったかも(笑)
俊一が優しくて、ホッとします。だけど、こんなに優しくできるなら、なんでもっと早く…と思ってしまうんですよねぇ。
スポンサーサイト

表紙がゴージャス。

桔梗庵の花盗人と貴族
遠野 春日
大洋図書 (2004.11)
ISBN : 4813010385
価格 : \903



【こんな話】
(bk1の内容説明より)
芦名子爵家の嗣子・胤人と資産家の息子・千葉重貴(しげたか)は最初から互いに反感を抱いていた。だが、友人の悪戯により胤人(つぐと)がそうとは知らぬままいかがわしい店に入った日、背徳と官能に縛られた二人の新たな関係が始まる…。

【ひとこと】
↑の "いかがわしい店" というのは、おわかりのように、同じ嗜好の人間が相手を探すお店ですが、そこで思いもかけず出くわした相手に弱みを握られて虐められる、というのは、昨日の本とまったく同じシチュエーションですねぇ。

中年男に絡まれている胤人を助けたとき、重貴は、このまま胤人をほっとけない、って思ったというんです。日頃から疎ましく思っている胤人とはいえ、見て見ぬふりはできなかったって。なのに、もう?やりたい放題ですよ。
遠野先生のイメージする重貴は、どんな男なんでしょう。私は、"スカートめくりする男の子" といった印象を受けました。
好きな子のスカートをめくるんじゃなくて、そうだなぁ、優等生で学級委員の女の子をちょっといびってやれ、みたいなね。そしたら、あらら、好きになっちゃったってやつ。
読んでいる側としては、重貴が酷いことをしながらも、しょっちゅう胤人にクラっときちゃってるのが救いでした。

意外だったのは、胤人が重貴に別れを告げたときのこと。
私、ここで重貴がここまでショックを受けていたとは思っていませんでした。
だって、胤人が終わりにしてくれ、って言ったあと、何も言わずに部屋を出て行っちゃったでしょう。だから、なんとも思ってないのかなって。でも違ったんですよね。
あそこの胤人が本当にかわいそうだったから、ちょっと嬉しかったです。

ラスト。
あれこれと言葉にしなくても、お互いの想いを確認しあえる二人が素敵でした。
重貴の言葉に素直に頷く胤人と、今までのことを謝罪する重貴、そこに挟まってるイラストもなんともいえなくて、あ?よかったなぁって。

さて、脇キャラについて。
誰に腹が立ったって、楢崎でしょうか。
胤人をそんな店に誘っといて、特に反省する様子もない。枕詞は "悪びれることを知らない男" ですから…。
なんか、出てくるたびに(数回しか出てこないけど)妙に気に障りました(笑)

あと、弟の宗篤。
案外、すごい変態かもしれませんよ、この人。兄がめちゃくちゃにされるところが見てみたい、なんてしらっと言うんですから。
こっそり桔梗庵まで跡をつけていって、一部始終を覗き見していそうです、怖っ。
(★★★★☆)
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。