ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読みながら居眠りしてしまった秀に、座布団をかけてあげる勇太。
優しくしてもらうことなんて、あまりなかっただろうに、それでもちゃんと人に優しくしてあげられる勇太は偉いね。(口絵)


夢のころ、夢の町で。
菅野 彰
徳間書店 (2005.6)
ISBN : 4199003029
価格 : \540



【こんな話】
大学生の秀に当たり屋として出会った、十歳の岸和田の思い出、養子にしたいと秀が父親の元に通った一年間、そして晴れて勇太を息子に迎え、親子の絆を結んだ四年間の京都時代…。勇太にとって、つらくも鮮やかな幸いの日々を描く、「晴天!」の原点。

【ひとこと】
勇太が当たり屋をした話も、秀が苦労して勇太を引き取った話も、さも知ったような気になっていました。でもそれは、思ったよりもずっと壮絶で、少しも美談なんかではなかったことに、ショックを受けました。

大学生なのに、秀はなんでまた、父親になるなんて言い出したんだろう。そんなことができると思っていたんだろうか。
「誰も自分みたいになってほしくない」
そんな理由だけで、あそこまで頑張れるんだろうか。ずっとそう思っていました。

そうしたら、お好み焼き屋さんのババア (by 勇太) がヒントをくれました。

バ 「まともに育ちよったら そんな でけもせんこと 言うたりはせんわな」

きっと秀は、少年の父親になることがどんなに無謀で難しいことかも判断できないくらい、ギリギリまで追い詰められていたんでしょうね。
そして、自分も父親というものを知らなかったからこそ、漠然と、でも強く 「父親にならなければ」 と思ったのかもしれません。

一方、勇太。
岸和田の勇太は、私が考えていたよりも、純な少年でした。確かに生活は荒れていたけれど、心の中までは荒んでいなかったんだなぁと。
その証拠に、他の子は秀を避けるようになったけど、勇太は文句を言いながらも秀の話を聞いたり、一緒にお弁当食べたりしていましたもんね。
それでも、勇太はなかなか、岸和田から 「外」 へ出ようとはしませんでしたが。

私はてっきり、勇太がヤクザの子分よろしく 「俺はここで生きなあかん」 とでも決めているのかと思っていました。
でも、ホントはお母さんが帰って来るのを待っていたんですよね。帰って来るといいなぁ、ではなくて、来ることになっていた。
だから、岸和田を出るわけには行かなかったのです。でも…。
秀の話を聞いて、もう母親を待つ必要もないと気づいたときの勇太が、もっと子どもらしく大泣きしてくれたらまだよかったです。

「俺が驚いたんは、俺が、おかんを…… あの女を待っとったことや……っ」

こんなふうにしか言えない勇太が憐れでした。

人間関係の薄い環境で育つと、かえって密な関係は落ち着かずに不安なのでしょうか。
せっかくふたりで暮らすようになったのに、秀ってば、非行に走った息子におろおろする母親みたいです。沈黙が怖いのか、ずっと喋ってる。
勇太は勇太で、秀が祇園で人探しをしているのを見ただけで不安になってしまいます。秀の関心が、ちょっと他へ向いただけで、自分が置いていかれたような気持ちになってしまったのでしょう。
お膳立ては整っても、なかなか幸せにはなれないもんなんだなぁ、と不思議な気がしました。

でも、このふたり。
秀は勇太のこと、自分より弱い存在で守ってあげなくちゃって思ってて、
勇太は秀のこと、俺がついててやらんとどないなってまうんや、って。
だから、ちょうどいいんです、きっと。
秀が探していたのは、自分が守りたい人、なおかつ、守ってくれる人だったのかもしれません。

(★★★★★)


勇太はしかたなく秀についてきたような顔をしつつも、内心はすっごく新生活に期待を抱いていたんですよね。
だから、学生アパートがあまりに貧乏ったらしくて、まず失望。
さらに、引っ越し先の一軒家がしょぼいのにも、ガックリ。
こういうところ、いかにも関西人だなぁ。
スポンサーサイト

まるで哲学書のよう。


愛がなければやってられない 菅野彰
菅野 彰
新書館 (1999.4)
ISBN : 4403520081
価格 : \560


人気漫画家の由也と、編集者の耕介。
耕介は由也の担当編集者で、そして、はとこ同士。子どもの頃からずっと一緒で、お互い想いを寄せ合ってきたのが、やっと結ばれた… という話ではあるんです。
でも、そうなったふたりが、幸せいっぱいか… といえば、まったくそんなことはなくて。

耕介としては、年上なのに頼りなくて泣き虫な由也を、ずっと自分が守ってきた、と思っていたんですね。由也のことは、すべてこの自分が知ってると思っていた。
でも、ちょっとつついてみたら、いつのまにか女性にプロポーズしていたり、他の男性と付き合っていたことが発覚したりで、耕介はおおいに脱力してしまいます。
自分の知らない由也を前に、耕介は困惑というよりは、憤りを感じてしまうんですよね。仕事ではいつもズケズケと物を言う耕介も、これに関してはどうも調子が狂ってしまって、悪夢を見たり、由也にあたったり。
ふたり一緒にいて、それなりに甘い雰囲気はあったりするんだけど、耕介がいっぱいいっぱいなのに対して、由也はのらりくらりしてばかりで、読んでいてもスッキリしないものがありました。

それにしても、最後の最後まで、耕介にとっては酷なことばかりでした。
特にせつなかったのは、由也が元恋人に会いに行くのを、追いかけるところ。昔の男と話している由也は、いつものどうしようもない雰囲気とは違って、耕介が見たこともない、優しくてしっかりした大人の男だったんです。

その後、耕介に会った由也は、こう言います。

 こうちゃん(耕介)のことはずっと好きだったよ。
 子どものころから、ずっと変わらないのはわかってた…
 こうちゃんのこと、一番大事に思う気持ち。
 誰と、抱き合っても。


でも、いくら好きでも、恋人同士になるとは思わなかったから 「別のとこで、他の男を好きになった」 って言うんですよ。この感情は、なかなか理解しにくくて、耕介もちっとも納得いってないのだけど 「ごめんね」 「好きだよ」 って言われてしまうと、それでもしかたないのかなぁと、またしてもギリギリまで追い詰められてしまう彼なのでした。
最後のほうの耕介は、言うこときかない子どもみたいで、すごく可愛かったです。

6年も前の本です。
編集が、ヘタレな作家の尻を叩く様子は、「晴天シリーズ」 の大河と秀に少し似ています。
幸せがすぐそこにあるのに、それに甘えなかったり、あえて、辛い選択肢をとってみたりするところも、なんとなく似ていました。
(★★★★☆)


「晴天シリーズ」 の感想を書こうとしても、なかなか進まなくて、ひと休みしようと思ってこれを読みました。でも、ひと休みどころか、もっと考え込むことになってしまいました。
菅野先生の作品は深い。

『野蛮人との恋愛』・『ひとでなしとの恋愛』 に続くお話。これで完結です。


ろくでなしとの恋愛
菅野 彰
徳間書店 (2003.8)
ISBN : 4199002766
価格 : \540




【こんな話】
柴田守が結川貴彦と同居して一年が経った。子どもを生んだ美奈と籍だけは入れて、守は父親になっていた。依然として不安定な貴彦に、何をしてあげたらいいのか、どうしたいのか迷いながら、守は貴彦と二度目の関係をもつ。
(カバーのあらすじ、ニュアンスが少し違うような気がするんですが)

【ひとこと】
この本は、後ろから読んだ、といったほうが正しいかも。戸籍のうえだけとはいえ、守は結婚してしまったし、貴彦もすごく不安そうだし、なんだかとんでもなく絶望的な結末になりそうで、とても普通に最初から読んではいられなかったんです。だから、チラチラと先のほうのイラストを見たり、会話を盗み見したりして。

貴彦をもとの生活に戻してあげたいと思いながらも、そのまま自分のそばに置いておきたいとも思う、そんな矛盾に悩む守は、すっかり弱ってしまったように見えて悲しかったです。でも、玲子さんに、(貴彦と)二人でもやっていける、と言ってもらって少し自信がついたのかな、守は自分が変わりつつあることを認めて、貴彦もそんな守を見て変わろうと思って…。玲子さんの話や、守と貴彦の気持ちは、少し難しくて、私なりの解釈でしかないかもしれないけれど、ふたりが離ればなれにならなくてよかったです。

…と思ったのも束の間、もうひとつのお話「ひとでなしとろくでなしとその息子と。」は、また後ろから読むはめに(笑)。

美奈が死んで引き取った息子の歩(あゆむ)との3人暮らしは、少々不自然ながらもとてもいい雰囲気でした。よくありがちな話のように、貴彦がお嫁さん(おかあさん)みたいになっていないのにもホッとしました。
でも、やっぱり世間は許さない、というか、守の母がそんな状況を放っておくはずもなく、歩を引き取ると言ってきます。菅野先生の作品は、こういうところが容赦ないです。ご都合主義や夢物語では、ぜったいに片をつけてくれない。後半は、ずるずると泣かされっぱなしでした。

決してハッピーエンドではない終わりかたです。守はともかく、貴彦がまだまだ後ろ向きだから。でも、あと書きに、"守や貴彦たちの未来は、読者がこうなるだろう、こうなったらいい、と思ったようになる"とあったので、好きに想像することにしました。私が思い浮かべるのは、三階建ての新居の陽当たりのよい部屋で穏やかに過ごす3人です。そして、歩は仁と陸に剣道を習って、ときどきは守と貴彦も一緒に道場に行って…。
彼らが手放しで幸せにはなるのは難しいだろうけど、まったく想像できないわけでもないかなぁ、と思います。もう、"ひとでなし"でも"ろくでなし"でもないんだから、きっと大丈夫よね。
(★★★★★)

歌舞伎町の彼が、悲しかった。でも守が泣いてくれたのが救い。
それと、陸!大学卒業できなかったんだね(大笑)

『野蛮人との恋愛』の続編です。BL×B.L.Peopleの企画も兼ねて。


ひとでなしとの恋愛
菅野 彰
徳間書店 (2001.9)
ISBN : 4199001972
価格 : \570




【こんな話】(カバー裏より)
大学病院に勤務する柴田守は、将来有望な若手外科医。独身で顔もイイけれど、他人への興味も関心も薄く、性格がおつりのくる悪さ。そんな守はある日、怪我で病院を訪れた大学時代の後輩・結川(ゆいかわ)と出会う。かつての礼儀正しい後輩は、社会に出て様子が一変! 投げやりで職を転々とする結川を、守はさすがに放っておけず、なりゆきで就職の面倒を見るハメに…!?

【ひとこと】
前作の、仁と陸の恋話とはガラっと変わって、シリアスで重い話です。

前作 『野蛮人…』 での結川は、言葉づかいも丁寧で、言うこともクールで、すごく紳士的だったんです。そんな結川が、別人のように荒れていくのを見て、かかわりたくないと思いながらも、手をさしのべてしまう守。結川に救いの手はもちろん必要だったけれど、それと同じくらい、守もずっと誰かに手を差し出してほしかったんじゃないかなぁ、と思いました。

どんどんと堕ちていく結川に、最初守は呆れ、憐れむだけです。しょうがない奴だ、と、こんな奴かまってられない、と。でも、過去にがんじがらめになっている結川の姿は、実は自分とそっくりだったんですよね。

でも、守には決定的に違うところがありました。結川が、自分を責めて、周囲に謝罪の気持ちを持つようになっていくのに対し、守は昔も今も自分に嘘をついて、ごまかして、気づかないふりをして「俺ぁ悪くない」という態度のままなのだから。
守は、結川を見て初めて、自分という人間を客観的に見ることができたのかもしれません。だから、結川を放り出すことは、自分のこれからの人生をも投げてしまうように思えて、彼を放さなかったのかなぁ、と。守が、「自分のことを憐れんでほしい」って言ったでしょう。泣けました。

そんなふうに考えると、悲しいかな、坂本には、結川を助けることはできなかったでしょうね。坂本は、結川をただ庇護するだけで、もっとダメにしてしまったかもしれないから。

父親に悪態をつきながらも、実は父を慕っていた結川。それはそのまま、守と仁の関係にもあてはまっていて。守が、弟の才能を羨んでどうしようもなく憎む反面、本当は弟が大好きなのだ、と告白するところが、あまりにも思いがけず、嬉しかったです。
(★★★★★)

でも、結川は幸せでしたよね。だって、彼を取り巻く人々が、みんないい人だったでしょう。ほら、歌舞伎町の子もいい子だったじゃないですか。彼の 「戻れるところがあんなら戻れよ」 というひと言にホロリときました。

私の好きな「捨て子系」です。でも、本当はどちらが捨て子なんだか。守のほうこそ結川に拾いあげてもらったのかもしれませんね。

BL×B.L.TB企画参加



どこまでも純真な陸に、癒してもらえます。


野蛮人との恋愛
菅野 彰
徳間書店 (2000.12)
ISBN : 4199001662
価格 : \540




【こんな話】
帝政大学と東慶大学の剣道部は、40年来のライバル同士。そして今まさに、帝政のルーキー柴田仁(じん)と、同じく東慶の仙川陸(りく)は、伝統の交流試合において一戦交えようとしていた。
実はこのふたり、そろって東慶大附属高校の出身で、なんと恋人同士なのだが、つまらない痴話喧嘩が原因で、仁がよりによって宿敵帝政大に進学してしまっていたのだった。

【ひとこと】
好きだ好きだ好きだ?と、いつも言葉にも態度にも表してる陸に対して、一歩ひいて「しょうがねぇなぁ?」というスタンスの仁。ふたりが喧嘩中のところから話が始まるので、てっきり仁の愛情のほうが少ないかと思いがちですが、なんのなんの。

明るくて可愛くて純粋で、誰からも好かれている陸と違って、生真面目で頑固で融通のきかない仁は、陸のそばにいればいるほどどんどん不安になって、自分から去ろうとします。そんなふうにひとりで悩んでいるときだって、仁は、自分が陸のことをどのくらい好きで、どのくらい必要としてるのかを考えないようにしてるんだから、ほんと素直じゃないっ!
みんなは陸のこと、おかしいだバカだ言うけれど、実際わからずやなのは仁なんですよね。

帝政と東慶はライバル同士だし、二人の恋愛には先輩たちも大反対。なもんで、陸が仁の寮に電話しても、取り次いでももらえないんですよ。厳しい?。そこで、陸が仁に携帯電話を渡すんです。でも、陸が何回電話をしようと、仁は出ない。何が彼をそこまで頑なにするのか、ちょっと理解しがたいけど、そこがまたこの話の面白いところでもあります。

結局、ちょこっと仁が素直になりさえすれば、よかったんです。で、素直になったらなったで、今までの仁では考えられない行動を起こすところもよかった。本人は、けじめと思ってるらしいけど、はたから見たら、単におめでたいだけだったのかも。

ふたつ目の話、「野蛮人とその後の恋愛」は、基本的にはギャグかも。でも、だんだん性格がこなれてきた(崩れてきた?)仁が微笑ましいです。そして、脳天気でなんにも考えてないような陸が、実は誰よりも仁のことをわかってくれていることがわかって嬉しかったです。

あ?、本当なら、ここまで書くあいだに、仁の兄のことを書かなければいけなかったのに…。仁には、不仲な兄・守がいるんです。仁にとっては、ただでさえ疎ましい存在なのに、帝政大に進学したせいで敵視されるわ、陸との恋路を邪魔されるわ、の大災難。でもこの兄弟も、陸のおかげで、少しだけ歩み寄れたのかな。陸の力はすごい。
(★★★★☆)

そして、物語は仁の兄・守のお話に続きます。

毎日晴天!シリーズは大好きだけど、読むとなんとなくもやもやした気持ちになります。
それは、たぶん私がひとりっ子だから。
私、きょうだいって全然わかんないんです、どんなものなのかも。
だから、これを読むと、うらやましいやら、悔しいやら、悲しいやら、心がざわざわします。
小さい頃に感じた、きょうだいに対する憧れとか、羨望とかが、次々と思い出される感じ。
それは、決していい気分じゃないんだけど、やっぱり読んでしまう。
ひとりっ子のかたで、そんな人はいませんか。


花屋の店先で
菅野 彰
徳間書店 (2002.2)
ISBN : 4199002189
価格 : \560




【こんな話】
花屋の龍兄と明ちゃんの、その後の物語。

【ひとこと】
明ちゃんのことだから、きっとそうだろうと思っていたけれど、やっぱりまだまだ初々しいお付き合いをしてたのには苦笑。
でも、そこに、龍兄の"本気"を見ました。

かなりラブラブな話を期待していたのに、それどころか、むしろ暗いです。
大河や丈はもちろん、やや軟化してきたとはいえ真弓も、まだまだ2人の交際には反対で、今回もひょんなことから大騒動になっちゃうし。

「結婚しないのは、明信がいるからじゃない」

そんなことをハッキリ言う龍が、最初は理解できませんでした。
そこへもってきて、明ちゃんが 「龍兄には結婚して父親になってほしい」 なんて言い出すのがまた悲しくて、先を読むのがイヤになったくらいです。
読み進めていって、二人の思うところを知ったあとも、納得したようなしないような…
でも、赤ちゃんに対する思いを引きずる龍兄は、ある意味、男らしくて素敵だと思います。
そういうこと、いい加減に済ませてしまったり、忘れてしまったりする人は多いから。

明ちゃんの本心は…?
明ちゃん自身も、どうしたらいいのかわからないんじゃないかな。
もしかしたら、龍兄とこんなことになってしまったことも、まだ思案中かもしれない。
でも、丈もいままで思ってたことを明かしてくれたんだから、明ちゃんも今度こそ素直になって、自分の気持ちに正直に生きてごらん…って思います。

丈が、とにかく痛々しかった。
「オレの…うちの明ちゃんじゃなくて、龍兄の明ちゃんなのか?」
ってところ、そして、花屋の店先で、
「帰ろ…明ちゃん」 って手を差し出すところでは、もう涙々。
ほんとに、帯刀家のきょうだいは仲がいいんだなぁって、妬けます。

しかし。
私からすると、なんの解決もつかず終わってしまったような感じで、スッキリしません。
だけど、龍兄の 「おまえを待つよ」 ということばを信じつつ、2人の幸せを祈っていこうと思いました。
菅野さんも、この続きを書く予定はないっておっしゃってます。
願わくば、このシリーズが終わるときに、さらっと二人の近況にふれてくれたら嬉しいな。
そのときに、一緒に花屋さんをやっててくれたら、もっと嬉しい。

同時収録は、「末っ子の珍しくも悩める秋」。
高校卒業後の進路に迷う真弓が、大河の出版社や明ちゃんの大学、丈のジム、勇太の仕事場など(秀の仕事ぶりも一応見学)を訪ね歩くお話。
お笑いポイントはあちこちにあるものの、こちらも上記の「店先」と同じく、もの悲しい話になっています。
高3なんて、まだまだ自分の行く先が見えてなくて当たり前だと思うんだけど、らしくもなく深刻になる真弓。 真弓には、兄たちや勇太が、やたらしっかりしてるように見えてしまうんでしょうね。
迷ってるうちがいいと、年寄りな私は思います。
大河だって、まだまだ若いんだもの。まだまだ、たくさん悩んでいいんだよ。

お気に入りは、出版社に大河を訪ねるシーン。
「最近、寂しい」 と打ち明ける大河がせつないです。まだまだ、真弓の世話をしたいし、ずっとずっと一緒にいたいんです。決して
「元気でいてくれりゃ充分」
だなんて思ってないの。それが真弓にもわかるから、なかなか結論は出ないのです。

もうひとつの好きなシーンは、最後のほう、龍兄の花屋に、期せずして4人集まってしまうところ。
龍兄にからむ勇太がかわいい。んでもって、ラストの優しい勇太も大好き。
(★★★★☆)


旧ブログのトラックバック
B-Life.SS
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。