ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、昨日の続きで『前途は多難 ? メールボーイ』です。
いよいよ、"らしく"なってきた(笑)

前途は多難
前途は多難
posted with 簡単リンクくん at 2005. 4.24
伊郷 ルウ
講談社 (2004.10)
ISBN : 4062557541
価格 : \662


【こんな話】
とまどいつつも、柏崎と付き合うことにした貴巳。
だけど、関口先輩には襲われそうになるわ、滑り止めの会社には不合格だわ、骨にヒビは入るわ…の災難続きで、いったいどうなる?
表紙のイラストが、そのまま本の中身、といった感じです(^^)

【ひとこと】
以下、ネタバレします。
私、貴巳には、関口先輩のほうが合ってると思うんですよ。
たまたま柏崎が、貴巳のバイト先の上司だっただけで、もし代わりに関口が課長だったら、ぜったい関口とデキてたはず!
まあ、そんなことを私が言ってもしかたないし、その証拠に、貴巳と柏崎はすっかりラブラブです。することもちゃんとしています、おめでとう(醒)
関口先輩もねぇ…、せっかく一緒にお泊まりするチャンスだったのに、酒癖悪くて最低?。いっそ、最低ついでに、最後までやっちゃえばよかったのに(おい)
そんなこんなで、貴巳にはいろいろな災難が降りかかるわけだけど、その都度それなりに解決して、でもって柏崎先輩とイチャイチャして…そのパターンを繰り返して、この本は終わります。
だから、ストーリー的には、あまり進展はありません。貴巳と柏崎がしっかりくっついた、それに尽きます。

一方、私のお気に入り 芦野は、ますますわかりません(>_<)
そして、新キャラ 清瀬教授はノンケなのか?(違うだろうね)
年末に、次作が出るそうです。柏崎の、汚れた過去に期待!
願わくばこのシリーズが、某シリーズのように延々と続くことなく、4?5冊でサクっと完結することを祈ります。
(★★★★☆)
スポンサーサイト

「メールボーイ」シリーズ1作目です。長くなりそうな予感…(笑)

メールボーイ
メールボーイ
posted with 簡単リンクくん at 2005. 4.19
伊郷 ルウ
講談社 (2004.7)
ISBN : 4062557436
価格 : \662



【こんな話】
高蔵貴巳は、就職を控えた大学4年生。
最終面接を残すのみとなった第一志望の会社で、郵便仕分けのバイトに張り切っていた彼だが、なんと社内の男性(しかも複数)から、愛を告白されてしまう。
男が男と付き合うなんて、まったく理解できないし、また理解したくもない貴巳の行く末は…。

【ひとこと】
メールボーイっていえば、やっぱりマイケル・J・フォックスを思い出してしまう私は、やっぱりトシなのかしら。

さてこの話。貴巳に言い寄ってくる男は3人います。

柏崎課長:穏やかタイプ(今んとこ・笑) 34歳
関口先輩:体育会系 やや強引 35歳  
芦野医師(医務室勤務):メガネ 鬼畜系(多分) 30歳未満

いい大人が、貴巳をめぐって、火花バチバチの様子はかなり笑えます。
とりあえず、柏崎を応援しながら読んでたんですが、あまりの早まった行動に、えーっ違うだろ!と、ちょっと引いてしまいました。
いくら芦野にライバル宣言されたからって、それを利用した懐柔作戦みたいなのはどうかな、と。
おまけに、いきなりキスするかな…。
だけど、貴巳はそれでクラクラ?っていっちゃったんだよねぇ…
ゲイをあれだけ嫌悪してたくせに ─いや実はそうでもなかったのかな─ なんかいつのまにか子犬のように手なずけられちゃってさ。
さあ、これからどうなることやら。
(★★★☆☆)

私的には、芦野が好みです。
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。