ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刈谷有志が気になった人、手あげて?。


純愛ロマンチカ 2
中村 春菊原案 / 藤崎 都〔著〕
角川書店 (2005.4)



なんだか、普通に「ウサギと美咲のラブラブ物語」として読んでしまいました(笑)
前作は、ああこれがウサギさんの妄想か…って、笑ってばっかりいたんだけど。これは、もしかしたら「純情」と「純愛」の垣根が低くなってきてるせいかもしれません。
だって、実際の(マンガの)ウサギと美咲も、口や態度に出さないだけで、心の中はきっと小説の二人と同じこと考えてるにきまってるんだもの。

今回はついに、秋彦に好意を寄せる当て馬・刈谷も登場。これ、どう考えても、ウサギさんの「美咲に要らぬ心配させてやれ」って魂胆にしか見えないじゃないですか?。美咲がこの小説を読むのを見越して、自分の妄想ならぬ「願望」を盛り込んじゃってるんですよね。
ウサギさんってば、ゼッタイ美咲にサプライズデート企画してもらいたいんです、そして、一緒にクリスマスデート@ディズニーランド(勝手に決めてる)したいって思ってるんです!
ふふ、可愛い。
だけど、ウサギさんが期待してるほどには、美咲はこの本を真剣には読んでないみたい(巻末のおまけマンガでわかる)です。あ、恥ずかしくて、読んでいられなかったのかな。
それはそれで、どちらもお気の毒です。
(「純情ロマンチカ」を読んでいるのを前提として ★★★★☆)

さて、雑誌の連載は追いかけていないので、コミックス5巻の発売がとっても楽しみ。井坂さんは出るかしら。
いつだったか、チラっと立ち読みしたとき、井坂がパーティ会場で「チビたん」って呼ぶのに、特に抵抗もなしに美咲が振り向いてるのが、可愛くてたまりませんでした。


旧ブログのトラックバック
B-Life.SS
スポンサーサイト

マンガ『純情ロマンチカ』を知らずして読めば、 "ちょっとエッチだけどすごく優しい作家さんと純情な男の子の甘々なラブストーリー" でしかないのだけど。


純愛ロマンチカ
藤崎 都 / 中村 春菊
角川書店 (2004.11)
ISBN : 4044455139
価格 : \540



【マンガを読んだことないかたへ】
受験生 高橋美咲の家庭教師 兼 恋人は、兄(孝浩)の友人で、今をときめく直森賞受賞作家の宇佐見秋彦。
実は秋彦は、孝浩のことが好きだったのだが、紆余曲折を経て(マンガ読んで!)美咲に心動かされ、恋人同士となったのだった。

さて、その秋彦のサイドジョブが、ボーイズラブ小説の執筆。
しかも、登場人物の名は、秋彦と美咲。そう、秋彦は自分の妄想を小説にしたためていたのだった。彼曰く、小説は「趣味と実益と妄想」であって、それを「現実化」したいと思ったことは一度もないそうなんだけど…

【ひとこと】
小説の中の秋彦は、「料理が得意」なんだそうですよ?、実際はリンゴひとつ剥けないくせして。
ガジガジに焦げたオムレツを焼きながら、きっと心の中では、「美咲に上手いモン食わせてやりたいなぁ」とか思ってたんですね。
「現実化したいとは思わない」なんて、嘘です嘘。可愛いじゃないですか、ウサギさん。

でも、ただ自分がいいカッコするだけの妄想小説でもなくてですね、
付き合うのをやめるという美咲に一日だけ付き合ってと頼むところとか、親元へ帰ることになった美咲を呼び戻すところとかは、秋彦の素直な気持ちが吐露されてるような気もして(苦笑)うふふ、えへへって感じです。

でも、美咲からしてみれば、こんな小説が世の中に出回ってるなんて、もう耐えられないっていうのもわかります。
だって、小説の中の美咲が「秋彦さん…」って口にするだけで、私たちはいちいち面白いんだもの(笑)
たとえば、
"本当は自分でそんなことをするなんて恥ずかしくて堪らなかったが、秋彦が望むならそれも仕方がない。"
↑こんなの読んだら、キレるのも無理ないよね、あはは。

まあ、宇佐見としては、美咲は今のままでもじゅうぶん可愛いけど、もっと可愛い美咲も見てみたい…そんなところでしょうから、あんまり怒らないで、美咲。

さて、マンガのほうはこれからどうなるんでしょう。
私的には、別にこのまま時間が進まなくてもかまわなかったりします。
ふたりが、ケンカしたり仲よくしたり、でもってエッチもしたりして、3歩進んで2歩下がりつつ進んで行ってくれればそれで。
それにしても、4巻の「受賞おめでとうございます」「ありがとうございます」の見開きはよかった vv 今まででいちばんよかった。


旧ブログのトラックバック2件
B-Life.SS
毎日が妄想日
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。