ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとゲットしました。
「かわいい奴は得だ」 ごもっとも。




5編+書き下ろし収録。

■白猫
獣医×高校生。
私 「襲い受け」 って、どうも見極められないんですが、なるほど、こういう子 (こういう子?) そうなんですね。
この "ストーカーちっくに攻めていって、襲わせるようにし向ける手管" がそうなの?
それとも p.30 の開き直り加減みたいなのが判断基準?
何はともあれ、かわいいです。

ただ、私には獣医のほうがかわいく見えました。
トジツキさんは、ヘタレって書いてらっしゃいますが、それほどじゃありません。
年上だからね、締めるとこは締めてます。
今後、成長していくと思われます (笑) メガネだしね (?)


■Sweet days
幼なじみの再会もの。
○年後、強者と弱者 (受け攻め) の立場が逆転していた… という、よくある話。

何年かぶりに地元に戻ってきた 行 (こう)。
あの弱虫だった杳一 (よういち) は、見事な大型犬に成長していました。
行が引っ越すときに 「もっと強くなって なめられないようにしろ」 と言い残していったのをきちんと実行して、不良になったようです。
とはいえ 「?だもん」 なんて言葉づかいする不良、ちっとも怖くないけど。

好きなセリフは

「不良なんて 行ちゃんキライだよね」

ってとこ。
にしてもこれ、学校で "しちゃわない" ほうがいいと思いません?


■and sheep
妄想スキルのまだまだ足りない私には、ちと難解な作品。
フリーの?科学者×ヒツジにされてしまう少年。
ヒツジといっても、耳としっぽだけね。

ま、わからないながらも、年の差カプ and オヤジ攻め として読み進んでいきましたが、p.94?95 の見開きが死ぬほどいいですねっ。
オヤジのちょっとズルい感じがナイスです。
なるほど "意地悪" するのと、"構う" のは、似て非なるものなのですね。

トジツキさんの主旨とは違う楽しみ方かもしれませんが、私これ大好き。


■秘密の話
同級生。
なんてことない話ながら、激萌えでした。
相手の気持ちを知りつつ、受け入れるでも拒否するでもなく うまく友だち関係を築いているつもりだったのに、相手に女の子の影がチラついたら… ほら 面白くないんじゃん。

p.135?136 なんて、こっちが息荒くなっちゃいました。ドキドキ…

「好きになるはずないのに…」

うんうん、そうだよね。
いやー、ラストもいいです。うふふ。

トジツキさんて、構図やコマ割りが上手な方ですね。
どの作品もそうですが、特にこの作品はイカしてる (死語?)


■エンドレスエンド
自分のほかには誰もいない、お正月休み。
そんなある日、学校では接点のないふたりの同級生 阿久津と水本が出会います。

学校では無愛想なのに、自分といるときは可愛い笑顔を見せてくれる水本にどんどん惹かれていく阿久津。
当然 自分だけの一方通行な想いかと思いきや…

なんとなく、近未来的な雰囲気を感じさせる作品です (そうか?笑)
たぶん、ふたりだけの世界が繰り広げられているからだと思います。

『不連続世界』 の感想を書いたとき、Juraさんに "釣り橋効果" というのを教えていただきました。
このお話にも、ちょっとそんなセリフが出てくるんですよ。

「誰もいない状況で会うから 好きだと錯覚するんだって」 by 水本 (←可愛いほう)

錯覚でもなんでも、好きは好き だよね。
水本のこのセリフは、単なる言い訳みたいなもんなんですが、これに対する阿久津のセリフがカッコいいよ!

(★★★★☆)


赤くなるときの 「かー」 っていう擬態音がかわいいです。

読んでくださってありがとう

スポンサーサイト

この方のマンガははじめてです。
単館上映の映画を立て続けに見ている気分でした。登場人物がガイジンだとぴったりくる… そんな感じなのです。
それにしても、どうして海王社はHPつくらないんでしょうか。例の物件は、ぼんやり待っていてもよろしいんでしょうか。



5編収録。


■不連続世界
主人公 (大学生) × 親友のお兄さん

監禁ものです。
主人公は、10年来の片想い。お兄さんもそれを知っていたせいか、監禁されてもとくに抵抗はしていません。
今更ながらわかった、監禁の極意。
「この部屋で ずっとおまえの事ばっか考えてたら 好きになったのかと 錯覚した」
心身ともに傷つけて、自分に振り向かせるのではなくて、間接的にじわりじわりとその気にさせる手法だったのね。
「錯覚」 という言葉をつかうお兄さんが粋だと思う。


■スター!
元スターでいまは Vシネ専門のおんぼろ映画館の館主 (以下 元スター)
やさぐれ系のオヤジ予備軍って感じかな。
そこへ新しいバイト青年がやってくるんですが、元スターの目には、この青年が犬 (マルチーズ) に見えるそうで…  犬変換については私、よくわかりません(笑)
ま、それはおいといて。

自分がむかし人気俳優だったと知っても、なんの興味もなさげな青年に腹を立てた元スターは、意地になって自分の魅力をアピールするのですが、ここがすっごく可愛いの!!
昔の外国のアイドル映画に、よくこういうシーンなかった? 主人公が、さほどストーリーに関係なく、衣装をとっかえひっかえ出てくるの。
そんな雰囲気を、なつかしく思い出しました。
青年も可愛くて胸キュンです。私的に、最後のオチは要らない。


■願ったり叶ったり
留年 (だよね?) 高1 × 風紀委員3年

ねぇ、なんで叩くの?
風紀委員の先輩、手が早いんです。
校門でいきなり 主人公 のことひっぱたいてます。でもそのあと、ネクタイを忘れた彼 に、自分のネクタイを結んであげたりする優しさも。
やっぱりネクタイ結んでもらうって、支配されてる感じするんでしょうかね、ぐぐぐぐいって。
主人公、先輩に一目ぼれです。

先輩、そのあとも乱暴三昧なんですが、突然頬を赤らめるシーンがありまして (もう殴らない、の前のページ) ここの感情がちょっと読み取れません。
1年のほうは、かわいい大型犬ということで、とってもわかりやすいんだけど。
最後のひとコマがよいです、ネクタイから始まる恋…!?


■クライマックス
美大学生同士。

寝込みに不意打ちキス。キスしたほうじゃなくて、されたほうが 「びっくりしただけだから ごめんね、ごめんね…」 って説明しながら逃げるシーンが好きです。
キスしたほうが、すごく一途で、ガラにもなく思い詰めるシーンのセリフが心に残りました。


■蜜三月密 (みつ みつき みつ)
先輩 × 後輩 (高校生)

卒業直前、後輩に告白され、よくわからないままつきあいはじめる上級生。
でも、 後輩くんが不意に見せる、恥じらいの表情にほだされて (多分) かわいくてたまらなくなっちゃうのですね。
いくつかのキスシーンがとてもよいです。堤の男気に惚れました。
この話がいちばん好きかな。

(★★★★+0.2)

『白猫』 どうですか? (こんなところで聞いたって…)

読んでくださってありがとう

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。