ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書店で口絵 (2ページ目) を見て、右の男がどれだけヘンな男かワクワクしていたんですが、あまりにも普通、むしろ爽やかで初々しかったです。




【こんな話】
「結婚することになったから別れてくれ」
3年間付き合った男・津川から、メール1本でふられてしまった惺 (さとる) 。
納得のいかない惺は、津川のマンションに押しかけるが、そこには行成 (ゆきなり) という男がいた。
惺と、やはり津川にふられたらしい行成は、津川の悪口でも言い合おうとふたりで飲みに出かけるが…

【ひとこと】
ネタバレしています。

某所で、"惺と行成が出会うシーンで全部まるわかり" "すぐ弟だとわかった" というようなやり取りを見たんですが、そうですか!? 本当にわかった!?
そりゃ私も、行成には何かあるな… くらいは思いました。
自動車会社の社員寮にいるのに、他社の車に平気で乗っていたりとか、惺と津川のカラダの関係についてやたらしつこく問い詰めたりとか、怪しいところはいくらでもありましたもん!
でも、弟だなんて、これっぽっちも。
津川の口から 「弟だよ」 と聞いたとき、へぇ?! って声に出しちゃったくらいですから (笑)

冒頭部分を読むと、惺はややダサめの男に思えます。
口数が多いからそう見えるのか、未練がましいところがそう見えるのか、真相はわかりませんが。
そのうえ、惺が行成の容姿を絶賛するもんだから、私の頭の中にはすっかり "惺=パッとしない男" という図式ができてしまいました。

そしたら、今度は居酒屋で、行成が惺のことを 「綺麗」 って絶賛してるじゃないですか。なんだ、惺も美人系だったんだ、と少しがっかり。
惺は、綺麗というよりも可愛くて、あたふたしている感じのほうが面白そうだったので (笑)

ここの居酒屋での会話が好きです。
ふたりで、「お前が綺麗」「いやお前のほうが綺麗」 って褒め合ってるの。たぶん、大声で。
で、そのうち、惺がメソメソし始めたと思ったら、行成が肩を抱いて慰めて…
居酒屋でこんなお客さん見かけたら、悪酔いしますね。

種明かししてしまうと、行成は1年半前、兄の津川と惺がコトに及んでいるのを目撃して以来、惺のことが忘れられなかったのでした。
そして、結婚してマンションを出る兄の代わりに、自分が引っ越して来たところ、惺と鉢合わせしたわけです。
惺に見つめられて赤面する行成とか、津川との関係について質問されて口ごもっちゃう行成とか、真相がわかると、最初の頃の行成が10倍かわいく見えてきます。

行成は 「仕返し」 をダシに、惺を繋ぎとめようと必死です。でも、惺のほうは津川のことなんか だんだんどうでもよくなっていく… その感情の変化がゆるやかに書かれているので、こんな突飛な設定ながら、ずいぶん穏やかな作品になっていると思います。
最後、騙されていたと知って惺は怒りますが、それを説得する行成も 説得される惺も、生真面目っていうんでしょうか、真っ直ぐなんです。あら、この人たち、かなり純愛なのねって、嬉しかったです。

純愛な人たちなので、ちょっと最後もまどろっこしいけど、適当にくどいてなんとなくほだされるんじゃ面白くないですもんね。

ラスト、よかったです。
津川もただの悪者で終わらなかったし。
行成の 「よかったね」 という台詞が特に好き。
惺への愛と、兄への愛、両方にあふれてる気がして。
(★★★★☆)


最近は、携帯メールが普及して、こんなふうにメール1本でふられることも多いのかしら (なんともオバサン的な発言)
私も、面と向かって別れる理由をくどくど説明されるくらいなら、そのほうがずっといいです。

読んでくださってありがとう


スポンサーサイト
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。