ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掴みOK!
カバーと口絵の攻めの目線にやられ、ちょっと立ち読みしてみたら、そのまま最後まで読んでしまいそうになりました。
で、いま気がついたんですけど、カバー裏の 「気持ちは昔と変わらない」 ってセリフありましたっけ。なくてよかったんだけど。
イラストは祭河ななをさん。


嘘つきなキス
早水 しほり著 / 祭河 ななを〔画〕
リーフ (2006.3)


【こんな話】
苦学生の裕太は、自分に顔がそっくりな男・幾美の頼みで、夏休みのアルバイトをすることになった。
それは、幾美に成りすまし、彼の幼馴染み かつ 婚約者とひと夏を過ごすというもの。
前払いとして大金をもらい、いよいよ軽井沢の別荘で、婚約者あやめとその兄・克之との生活が始まったが…。

【あらすじ】
裕太は、黒髪に少々ダサいメガネの、真面目な大学生。
幾美は、顔は裕太そっくりでも、髪は金髪に近くファッションも派手な遊び人 (一応、同じ大学の先輩後輩)
なので裕太は、とりあえず髪を染め、コンタクトを装着してお仕事にのぞみます。

アルバイトを引き受けた時点では、あやめが婚約者であるということは裕太にも私たち読者にも知らされておらず、そんなお嬢さまとひと夏一緒に過ごして果たしてBL小説になるんだろうかと心配でした。
でも、大丈夫。
あやめの兄・克之の登場が、そんな懸念を払拭してくれます。

幾美の話では、幼馴染みとはいっても、もう何年も会っていないので正体がバレるようなことはないだろうと。
そんなこと言ったって、きっとバレちゃうんだろうなぁと思っていた私ですが、なんと本当にバレませんでした。
そうですよね、少々おかしいなと思っても、まさかそっくりさんが来てるとは思わないですもんね。

子どもの頃、克之は幾美に、さんざん手を焼かされたようで、裕太が軽井沢に着いたときもいきなり感じ悪いです。
でも裕太は、その感じ悪さを "シスコン兄の過度な嫉妬" と勝手に解釈してしまいます。
挙げ句の果てには
「シスコンも過ぎるのはよくない」
とアドバイスまでする始末。かわいい!
こんなとんちんかんな裕太なのに、よく夏休みじゅうバレなかったよなぁ。

しかし、克之は裕太 (克之は "幾美" だと思っている) を好きになってしまいます。
昔の幾美とは違う (そりゃ別人だから当たり前) 素直で可愛くてウブな裕太に、もう翻弄されまくり。
克之は "久しぶりに会ってこの気持ちに気づいた" というようなことを言うんですが、なんだかちょっとおかしかったです。
クールな克之がカッコよく告白していても、実はコロっと騙されているんですから。

ああでも、裕太も克之を好きになってしまったから、笑い話では終わらなくなってしまいました。
俺は身代わりだ! って白状しちゃえばいいのに、裕太は本当に真面目です。
ベッドで克之が幾美の名前を呼びそうになったとき、裕太が克之の口を手でふさいじゃうところが悲しかったです。頑張ったね、裕太。
そして、そこのイラストの克之のまなざしが… 気になったかたは、本屋さんへGO! p.177 です。

そのあとは、読んでくださいな。
東京へ戻り、髪の毛を黒く染め、カッコ悪いメガネ青年に戻った裕太と、克之の再会は、定番ながらも心あたたまります。
克之 「俺の驚きようを、おまえにも見せてやりたかったよ」
あの克之が、本物の幾美から真相を聞かされて、どんなふうに驚いたのか、私のほうが見たかったです。
(★★★★☆)


さらっと書いてしまいましたが、幾美とあやめの結婚に裏話があったり、おもしろいサブキャラが出てきたりと、他にもお楽しみはあります。
爽やかで楽しく読めました。

読んでくださってありがとう

スポンサーサイト
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。