ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キスがいい (看病もアリ・笑)




【こんな話】
大学の同級生・三上から 「好きだよ」 と告白された小嶋。
三上がゲイと知っても、小嶋は特に何とも思わなかったし、三上も小嶋のそんなところが好きと言ってくれた。
しかし、小嶋の中では確かに何かが変わり始めていたのだった。
"お前には何も期待してないから" と、今までどおりの関係を続けようとする三上と、その言葉がどうしても引っかかる小嶋。
ふたりの行方は…。

【ひとこと】
(ゲイ三上×ノンケ小嶋 この名前と属性?を頭に置いてお読みください♪)
野郎が4人で麻雀。
ふたりが酔いつぶれて寝てしまい、あとに残ったのが小嶋と三上でした。
ほろよい加減の小嶋に、三上は本当にサラっとゲイであることを明かします。そして、これまたサラっと
「俺、小嶋のこと好きだな」
と告白。
友達が眠りこけている傍らで、おそらくひっそりと交わされたであろうこの会話だけで、三上の魅力に取り憑かれてしまいました。

「俺が好きだって言ったことなんて気にするなよ
君はノンケで、男には興味はないだろう
だから俺は期待してない
小嶋が俺を気にする理由はないよ」


三上はこんなふうに言います。
小嶋への接し方も、今までとなんら変わりません。
普通、こういうシチュエーションだと、告白した側 (この場合 三上) が痛々しく見えたりするもんですが、三上はいたってクールです。
でも、クールにはクールなんですが、やたらに甘ったるいのがこの人の魅力。
小嶋のことはもう諦めがついてるのかなと思えば、妙に意味ありげな態度を取ったり、甘い言葉を囁いたり…

小嶋がそんなだから 「期待してない」 と言われ、ちょっと寂しい思いをしていた小嶋も、かえって翻弄されてしまいます。
妙な雰囲気になるたび 「俺、お前のこと、好きにならないよ」 と念押ししてるんですけど、もうとっくの昔に好きになっちゃってるのがバレバレ。
そんな小嶋はとっても可愛い、すごーく可愛い。
そして三上はとってもせつない、すごーくせつない。

この話、面白いなって思ったのは、両想いにならないうちから、何回もキスしてるところ。
同意の上でのキスのようで、そうでもない。小嶋は、まあ嫌がっているといえばそうなのかもしれない。
でも、嫌がっているはずの小嶋のほうが、キスをしかけたり、あきらかに三上を煽っていたりするんです。
場所は、学校の図書館だったり、スノボ宿の階段だったりで、ムードもへったくれもないのに、三上がどこまでも色っぽくエロティックです。
いいですよ?、何回もそこだけ拾って読んでます (私は・笑)

あと、しつこくならない程度に触れますが、看病シーンも出てきます (愛)
でも、通常なら十中八九悪い方向へはいかないのが看病シチュエーションのいいところなのに、事態はあらぬ方向へ…。
(以下ネタバレしてもいい人だけ↓)
熱に浮かされた小嶋が、例によって三上を煽ります。
そんな小嶋に、三上が 「犯すよ」 って。萌え…
小嶋は泣いちゃうの、もちろん嫌で泣いたんじゃなくて、三上のことが好きすぎて。
でも、三上はてっきり嫌われているのかと思って、出て行っちゃうのです。
少し泣きました。



あとは読んでくださいな。

書き下ろし続編の 「甘えられない背中」 では、なかなかエッチまでたどり着けないふたりのそれぞれの思いが描かれています。
本編では可愛かった小嶋が、ここではすごくカッコいいです。
これを読んで気がついたんですが、このカップル、小嶋の行動力がなければここまで来ることはできなかったんですね。
三上は案外ふがいないのかしら? でも、ヘタレではないと思います。
(★★★★+0.2)


イラストが、『ノーカラー』 の記憶も新しい、あの夏目イサクさん。
イメージがまさにどんぴしゃでした。
おまけマンガのふたりがちょっと違うかな?と思ったんですが、「以前とは違う」 その後のふたりってことで、ああそうか! と納得。

あと、これだけ書かせてください。
麻雀のできない西くんと、プロ雀士なりそこないの佐久間くんがペアを組んで麻雀するところに激萌え!
あ、別にカップルでもなんでもなくて、むしろ麻雀が原因で仲悪くなりそうなんですけど、なんかいいの、このふたり。うふふ。

読んでくださってありがとう

スポンサーサイト
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。