ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボーイズラブ」に代わる、何かいいカテゴライズはないものでしょうか。




【こんな話】
暴力団滝川組に養子として引き取られた初乃 (はつの) は、義父でもある組長の愛人として、辛い毎日を送っていた。
誰ひとり周りの人間に心を開くことのなかった初乃は、ある日、庭を散策中に 庭師の弟子・将大 (まさひろ) と出会う。
ふたりは惹かれあうが、初乃には将大と話をする自由さえなくて…

【ひとこと】
初乃には、心休まるひとときというものがないのです。
夜は義父の慰みものとなり、学校では滝川の名のせいで遠巻きにされ、舎弟や使用人ともろくに会話のない毎日。

そんな初乃に、運命を変える出会いが。
庭師の弟子として出入りしていた、花村将大です。
同年代の子と気さくに話をするなんて、初乃にとっては初めてのことで、初乃が将大に惹かれるのは当然だったと思います。
でも、将大は?

「茶髪にピアス」 という彼の外見で判断するわけではないけれど、最初は "お、キレイじゃん" くらいの気持ちだったのではないでしょうか。初乃を映画に誘ったのも、それほど熱い恋心ではなかったような気がするのです。

でも、その映画があだとなり、初乃はひどい仕置きを受け、将大にもその様子が晒されることになりました。
これは、初乃にとっては死にたくなるくらいの出来事だったと思いますが、このとき初めて、将大の気持ちがきちんとした 「愛」 に変わったのでは、と思いました。

                   ■□■

その後、将大は滝川の家を出されてしまいます。
"初乃のためにできることを考えるから 死ぬな" 
という将大の言葉だけが、初乃の支え。
しかし、義父が他界し、新たに天下をとった義兄・悦司は、初乃を憎々しく弄ぶようになります。

義父は、なんの含みも裏もない、ただの変人だったでしょう。
でも、悦司はそうではないから、痛々しいんです。無理しているというか、ヤケになってるというか。
初乃に酷いことをしながらも、どこか初乃を怖がっているような、そんな雰囲気でした。

そして、将大との再会。
まさか、暴力団員になって戻ってくるとは思いませんでしたね。
あとから思えば、こんなふうに悦司の前に姿を現さないほうがよかったに違いないのですが、ピリピリとした雰囲気の中で、ふたりの心が再び通い合うシーンに、あぁ 途中で (読むのを) やめないでよかったとつくづく思いました。

しかし! 運命はふたりに過酷な試練を与えるのです。
私、この本をかれこれ10日くらいいじっていました、一気に読めなくて。
読む順番も、もうメチャクチャで、あ こりゃやばいな!と思ったら 10ページほど先を読んで、覚悟を決めてから、また戻ったり。
でも、なんでこんな思いまでして読まなくちゃならないんだと思いつつも、結局は引き込まれてしまいました。
水原さんの本は初めてですが、恐い方だなぁというのが本音。

(このあと、結末にふれていますのでご注意ください)

                   ■□■

最後は、悦司の死によって、すべてが終わります。
あまりのあっけなさに、最初は拍子抜けしました。
彼の手紙にも、同情する反面、何を今さら… という気持ちがおさえられませんでした。

でも考えてみれば、プライドの高い悦司が、生きているうちに初乃に謝罪などするはずなかっただろうから、これがお互いにとってよい結末だったんでしょうね。
それに、悦司は頭がよかったから、初乃が自分に憐憫の情を寄せていることにも気がついていたと思うんです。
だからこそ、生前は謝罪しなかったのかな、とも思います。悦司が優しい人間になってしまったら、初乃が家を出て行きにくくなってしまうのではないか… 悦司がそこまで考えていたような気がします。

そもそも、将大が一命をとりとめたことだって、初乃に話す必要はなかったんです。それ以前に、将大の消息を知ったときに、殺すこともできたはずです。でも、そうしなかった。

憔悴した初乃を、自分はどうしてやることもできなかったけれど、将大なら… とでも思ったんでしょうか。
徐々に精気を取り戻す初乃を、悦司がどんな気持ちで見ていたのか、だんだん言葉少なになっていく悦司が気の毒でなりませんでした。

初乃など小指ひとつで捩じ伏せられるのだと何度も思い知らせておきながら
その反面、彼はどれだけの時間を初乃のために費やしてきたのだろう


初乃が悦司から解放されたように、悦司もやっと初乃から解放されたのかもしれませんね。
(★★★☆☆)


将大は、記憶を取り戻すでしょうか。
たとえ 将大にとって、初乃との再会が "初対面" のままでも、これからの生活がふたりにとって幸せであるなら、それでいいと思うし、初乃もそんなふうに考えているんじゃないのかな。
スポンサーサイト
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。