ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月買って、とっても気に入ってる本です。
名前をよくお見かけするような気がするんですけど、これが初コミックスなんですね。


ノーカラー
夏目 イサク
新書館 (2005.11)


勉学のみに生きる大学生・坂本は、隣りの部屋に住む飯田章吉に頭を悩まされていた。
ドンチャン騒ぎはするわ、苦情を言ってもやめないわ、やたらに人なつこいわ…
しかしある日、章吉の部屋が爆発、寝泊まりする場所がなくなったと坂本の部屋に転がり込んできて…


章吉×坂本で ヘタレ×ツンデレ予備軍 という感じかな。
人付き合いもしないで本ばかり読んでいる坂本が、章吉のペースに巻き込まれて、勉強どころではなくなっていきます。
章吉に 好き と言われて、怒ったりとまどったりしてるくせに、ここぞというときには坂本が主導権を握っているのが、このマンガのいいところ。
(行動を起こすときの坂本が、カッコいい)

章吉は、カメラマンです。
ネタバレかと思ったけど、表紙でカメラもってるから書いちゃっていいですね。
もとからホモというわけではなく、スランプ状態のときに、坂本の姿に惹かれて思わずシャッターをパシャリ。
もっとお近づきになりたいと、隣りに引っ越してきたわけです。
真性ヘタレなので、この人にまかせていたら、きっとここまで漕ぎ着けることはなかったでしょう。

爽やかで楽しかった?
描き下ろしにひとコマだけ出てくる、坂本兄が最高。セリフがおかしすぎ。
(★★★★☆)


カバー裏イラストの状況やセリフを想像するとおもしろ?い。
さらに、カバーをとってもお楽しみが。
スポンサーサイト
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。