ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

shiteさんに教えていただきました。
ヘタレがお好きな方は、もうたまらないのでは?


ダメな男ほど愛しい
ユキムラ
松文館 (2004.1)
ISBN : 4790112063
価格 : \630



6編+番外編


Sweet & Sweet
周布 (すふ) くん×蒔田さん

同じ会社の別部署で働くふたり。蒔田さんは事務系で、周布くんはガテン系です。
ふたりは茶飲み友だち、要するに喫茶店でお茶したりする仲なんですが、ケーキが食べたいのは蒔田さんだけで、周布くんは大好きな蒔田さんの笑顔を見るためだけにコーヒーすすってる、といった具合です。

蒔田さんという人は、残業中に物音がしたからって机の下にもぐっちゃうような人で、すごくかわいいの。だけど、決して天然じゃないんですよ、かなり黒い!
きっと周布くんは、これからが大変なんでしょう。


何となく嫌な夜(+番外編 「何となく恐い夜」)
和哉 (24歳) × 義治 (32歳・やもめ) ←従兄弟同士

小さい頃、懐き懐かれ… の関係だったふたりが、今になって同居。
年の差カップルが好きな私は、この設定だけでも嬉しいのに、和哉の留守に義治がなんと熱を…。
ビバ 看病! 弱ってる義治に、和哉が容赦ないのが面白いです。

和哉がおちゃらけてるときは義治もヘラヘラしてて、和哉が真剣モードで愛を語りはじめると義治も顔を赤らめつつ聞き入って…、和哉のペースに飲まれっぱなしの義治がかわいすぎます。
そして、看病といえばおかゆ!(?) その、おかゆを食べるシーンがたまりません、いろんな意味で (笑)
万が一、お雑炊だったりしたら悲惨だわ?


Big Bad Bingo!
子持ちドラマー・小田 × 息子の担任・内藤先生

内藤先生の一目惚れから始まるこの話。小田が真面目で、どうやってもくっつきそうに見えなくて困りました。
小田は、どの段階で内藤先生のこと 好きになったんでしょう。
ヘタレなくせに押しだけは強い 内藤先生の粘り勝ちってことなのかな。


素直な気持ち
犬を拾って届けた 天地 × 警官・藤川

失恋して飲んでいた藤川に天地が声をかけて…
そんなふうに行きずりの関係をもった翌日、さっそく交番で再会してしまうふたりです。

天地はたぶん、ずっと前からホモなので、ガンガン藤川にアタックするんですが、藤川は男 (非ホモ) に惚れていたといっても 実際に男と付き合った経験はない… んですよね? あれ? どうなんでしょう (読解力なし)
飄々としてつかみどころのない天地と、なかなか羽目をはずせない意外に真面目な藤川がミスマッチで面白いです。
藤川、かなり好き。


すべてを夏のせいにして
万引きサラリーマン (笑) 岩田 × 保父さん・入谷

ちょっと思ったんですけど、万引きを目撃されるのと、ひとりエッチを見られちゃうのと、どっちがあとあと会いづらいでしょうね。
この岩田も、もう二度と会いたくなかったはずの人に、気がつけば癒されちゃってて…。
なんだかダサいんです、岩田。でも、知らんぷりできないというか。
これぞまさに 「ダメな男ほど…」 ってヤツですね。
それとは逆に、入谷はステキすぎます。私も園児になりたい。


ダメな男ほど愛しい
仕事がイマイチな部下・水野くん × 仏頂面課長・槇原

ここの会社で働いてるほぼ全員が、槇原のこと、恐くて真面目な上司って思ってるんでしょうねぇ。でも、強面の裏で彼が考えているのは、かわいい水野くんのことばかり。

そんなある日、酔いつぶれた水野くんを介抱するチャンスがやってきたんですけど、課長ってば眠ってる水野くんを舐めちゃって… ココ、どこを舐めたかが、いまいちハッキリ書いてなくて気になりました。水野くんも気にしてたみたいなので、教えてあげてほしいと思います。
そういう水野くんは、よくわかりませんね、仕事ができないということくらいしか (笑)

面白かったというか、むしろ驚いたシーンは、課長が水野に向かって 「ヘタレめ!」 って言うところ。
まったくわかってないんですね、自分のこと。
(★★★★+0.5)

ふじかわ&あまち

左が藤川くん (警官) です。
スポンサーサイト

兄弟+義弟の3人で同居! そして、幼なじみ+α …
めまいがしそうに素敵なシチュエーションです。


4877348816好きのめばえ

ユキムラ
コアマガジン
2005-10-18

Amazonで詳しく見る



兄の源と、弟の敬介。そして、兄の幼なじみの久志。
敬介は久志のことを、小さな頃から兄のように慕っていたけれど、久志のほうはホンキで敬介のことを好きで。


源とケンカするとよく、敬介は久志の家に泊まりに行ってるみたいなんですが、翌朝、敬介が使ったシーツをかぶってハァハァしちゃうほど、久志はホンキなのです。

ある日、あんまり敬介がかわいくて (たぶん) ギリギリまで追い詰められちゃった久志は、 「しばらくウチに来ないほうがいい」 と行ったものの、なんかこう成り行きで、いきなりキス! (←ココ、絵がよい)
そして、

「こんな風に キレそうだから」

って。
"キレそう" じゃなくて、もうキレてるじゃん。
このあとさらに、ごたく (笑) を並べて、絶句する敬介を追い返してしまうんですが、この辺りヘタレ警報発令って感じです。

「俺は キミの理想に 程遠い」

完全に酔ってますね。
ここは笑っていいシーンなんですよね? どうなんだろう。
どうなんですか、ユキムラ先生。

このあと、山あり谷あり谷あり… と、ドラマチックかつベタな展開を経て、ふたりがなんとかくっついて…
ああ、よかったねと思うまもなく、また久志が笑わせてくれます。
だって、ベッドの横に、もうひとつ布団敷いてるんだもの。
あの公園での熱い抱擁はなんだったのか、と聞きたい。

ここの敬介のセリフが、大好きなんです、私。

「今日 何もしないと ずっとこのままになる気がするよ…」

なんか胸を打たれました (大げさ)
日の出ハイムさんの感想にも書いたんですが、そんな実体験もないのに、わかるわかる?! と膝をたたいてしまいました。
ま、結局 「何か」 することになって、めでたしめでたし♪でした。


さて、冒頭に書いた 「兄弟+義弟で同居」 の件です。
源と敬介のおかあさんが再婚するにあたり、再婚相手のひとり息子 貴一と3人で同居することになってしまうのです。
この貴一、実は久志ともちょこっとカンケイがあって、どんどん話が面白くなります。

源さんは、江戸っ子タイプで、口も手も早い。
貴一くんは、ちょっとインテリタイプ、そして、ちょっと変人で。
このふたりが、意外にも気があって、気があって… v(?)

かわいがっていた弟を、幼なじみに持ってかれちゃって、少しブルーな源さんに、貴一くんが優しくしてあげるところがいいですね。
貴一くん、サーカスの猛獣使いみたいだ。

このかたのマンガは初めて買いましたが、すみずみまで面白かったです。
(★★★★+0.5)


源さんは 「源さん」 って呼ばれるの、好きじゃないんですってー。
「パチンコ台みたいでイヤなんだよ」 だそうで、もう爆笑でした。
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。